コリから発した痛みやしびれは周辺に広がる

026

治しても坐骨神経痛の再発をくり返す

坐骨神経は、腰からお尻、太ももの後ろ側を通って足先まで伸びており、私たちの体の中では最も長い神経です。

この坐骨神経が椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で変形した腰椎(背骨の腰の部分)の圧迫を受けると坐骨神経痛が引き起こされると考えられています。

ところが、治療や手術で腰椎の異常を治しても、坐骨神経痛の再発をくり返している人がいます。つまり、腰椎の変形だけが坐骨神経痛の原因ではなく、足腰の筋肉にできた硬いコリによって痛みやしびれを招いているケースが大変多いのです。

トリガーポイントを取り除くと坐骨神経痛が改善

では、筋肉のコリが坐骨神経痛の症状を引き起こすしくみについて説明しましよう。

まず、コリが生じる主な要因は、日ごろの悪い姿勢や同じ動作のくり返し、または事故などで足腰の筋肉に過剰な負担がかかることです。すると、筋肉の一部が損傷してけいれんを起こし、それが硬いコリになって発痛物質を生成するようになります。

この発痛物質が脳に痛みの刺激を断続的に伝えるようになると、足腰の痛みやしびれは慢性化してしまうのです。

こうした筋肉の硬いコリを、専門的にはトリガーポイント(トリガーとは「引き金」という意味)といいます。トリガーポイントができると、その周囲ばかりでなく、少し離れた部位にも痛みやしびれが広がるため(関連痛という)、特にお尻、太もものトリガーポイントは坐骨神経痛と非常によく似た症状を引き起こすのです。

また、硬直した足腰の筋肉が付近にある坐骨神経を刺激することも多く、これが坐骨神経痛の原因になっているケースもあります。

沓脱先生の患者さんを見ても、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断された人はトリガーポイントがよく見つかり、それを取り除くことによって坐骨神経痛が改善した人も少なくありません。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加