中国伝統の三大医術を取り入れた「ひとりあんま」は血圧が下がった、やせてきたと大評判

dan015

推拿療法は中国医学で最も古い起源を持つ治療法

中国の伝統医術というと、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。代表的なのは、漢方療法や鍼灸療法です。この二つの治療法は、日本でも広く親しまれています。

ところが、中国伝統医術といえるのはもうーつあります。それが、「推拿療法(すいなりょうほう)」というもの。推拿療法は、漢方療法や鍼灸療法とともに、中国伝統の三大医術の一つとされています。

この推拿療法は、日本ではあまりなじみがないでしょうが、中国医学で最も古い起源を持つものとされていて、中国最古の医学書である『黄帝内経・素問』の中には推拿療法にふれた記述が多く見受けられます。

推拿療法は、時代の流れとともによりよい改良がなされ、現在に伝わっていますが、今も昔も変わらないことがあります。それは、人間の手技のみで病気を治療する療法だということです。

ちなみに、手技で病気を治すために古代から残っているものに、接法(押す手法)、摩法(患部に植物油を塗ってなでる手法)、儒法(もむ手法)、推法(押し動かす手法)、拿法(つかんで持ち上げる手法)などがあります。

日本では有名なあんま(按摩)というのは、按法と摩法が組み合わさったもの。推拿という言葉もこれと同様に、推法と拿法が組み合わさったものをいいます。

体内の気の滞りを手から出る気で補う

推拿療法は、中国各地の中医薬大学のカリキュラム(教育計画)で取り入れられていて、大学付属病院に推拿科というものがあります。これは、日本でも身近な内科や外科などといっしょで、それだけ推拿療法を受けたいと願う患者さんがおおぜいいることの現れです。実際に、推拿療法を行う医師も1つの病院にたくさんいるようです。

では、推拿療法はいつたいどのような効果があるのかを述べましょう。まず、推拿療法で気の滞りが解消される効果です。

気とは、東洋医学で人間だけでなく、動物、樹木、花など、命あるものすべてにあるとされる生命エネルギー。

気は目に見えるものではないため、理解しにくいかもしれません。とはいえ、体調がいいことを元気、活力があることを英気というように、気が体の状態を示すものであるというのは、みなさんにもおわかりいただけるでしょう。

この気は、私たちの体を流軌ており、気の流れる造を「経絡」、その経絡上にある要所を「ツボ」といいます。電車にたとえるとわかりやすく、ツボが駅、経絡が線路を示し、気が電車になります。

ふつう、電車も車両点検などで発着時間が遅れます。気もこれと同様で、どこかに異常があると流れが滞ってしまい、それが激痛やしびれなどといった症状として現れます。

だからこそ、激痛・しびれを解消するには気の滞りをなくすことが重要になるのです。

なお、気は厳密にいうと、私たちの体内に流れているものを「内気」、体の外に放出されるものを「外気」といい、外気は主に手から出ます。

そうしたことを踏まえたうえで、気の滞りを解消するのに有効なのが、推拿療法です。滞った内気を手技による外気で補い、その流れをよくしようというのです。

西洋医学からの説明もできる画期的な治療法

そして、推拿療法では、血液の流れの滞りを解消する効果もあります。

血液は気とは違って目に見えるもので、西洋医学では体の状態がどうであるかを判断するために、血液の状態が調べられます。血液がドロドロになると、その流れ、いわゆる血流も滞り、さまざまな病気が現れます。

腰痛やしびれなどの症状も、血流の滞りが起こっている場所で現れやすくなります。推拿療法は、血流が滞ってなんらかの異常が起こっている場所の筋肉などを刺激し、血流を促す効果があるのです。

つまり、推拿療法は古くから行われていますが、実際は東洋医学からでも西洋医学からでも説明ができる画期的な治療であることがわかります。

こうして説明すると、推拿療法は病医院などで治療を受けるものと思われるかもしれません。しかし、推拿療法は自分一人でもできます。(正式には自己推拿という)

テレビなどでも紹介されたことがありますが、「ひとりあんま」はかなり評判がよく、つらかった痛みやしびれが消えた、血圧が下がった、やせてきたなどという声を数多くもらっています。みなさんも、ぜひ、ひとりあんまを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加