原因不明の体の痛みが慢性的に続いている人には「中指の一点刺激」

dan31

手のツボへの刺激は即座に臓へと伝わる

アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師の松岡佳余子先生は、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼(しゅししん)」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼(はり)などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。

手指鍼の優れた点は、手や指に施術を行うだけで、全身のあらゆる病気や不調に対処でき、しかも即効性があることです。

その理由を説明しましょう。

手には、全身に対応するツボが集中しています。手のひらと手の甲には、14本の経絡(気と呼ばれる一種の生命エネルギーの通り道)が走っており、その流れにそって、直径1~1・5mmという小さなツボが、345個も存在しているのです。

これらのツボは、まるで「全身の縮図」のように、規則的に並んでいます。例えば、中指の第1関節までが頭部に対応し、親指と小指が両足に、人さし指と薬指が両腕に対応している、といった具合です。

そして、不調のある臓器や器官と関連した、手や指の部分を刺激することで、その臓器や器官の血流や機能を活性化・正常化して、健康な状態へと導くことができるのです。

しかも、手は全身の中でも、最も感覚が繊細な部分です。手には、約1万7000本もの神経が走っており、その1本1本が、脳へ信号を送っています。

手や指のツボを刺激すると、その刺激が即座に脳へと伝わり、病んで問題を起こしている体の部位に向けて、修復に必要な指令が出されます。その結果、体のさまざまな不調や痛みが、速やかに改善するのです。

まったく効果が表れない人もいる

このように、手指鍼は全身の不調や痛みに対して、即効性のある治療法ですが、松岡先生が研究や治療を続けるうちに、症状に関連する手や指のツボを刺激しても、まったく効果が表れない人もいることがわかりました。

そうした人たちに対しても効果がある方法を模索した末に松岡先生が発見した手法が、今回ご紹介する「中指の一点刺激」なのです。

中指の一点刺激では、中指の爪の生え際の、左右中央のやや下(第1関節寄り)のポイントを刺激します。松岡先生がこのポイントの有効性に初めて気付いたのは、6年前。手指鍼の研究会でのことでした。

研究会では、症例研究として、毎回患者さんに登場いただき、その場で松岡先生が治療を行います。その回では、胃痛に悩む患者さんに出ていただきました。

ところが、胃に関連するツボはもちろん、症状から考えられる手や指のツボを押しても、変化がないのです。

ほかに考えられるポイントはどこだろう、と探っていったところ、中指の爪の生え際のやや下を押したときに、初めて反応が出て、胃痛が消えていったのです。

ストレスにさらされている人には最良のツボ

その後も、同じようなケースを何回も体験しました。中指の爪の生え際のやや下は、体では後頭部に相当するポイントです。

このポイントの刺激によって、後頭部とは直接関係のない部位の体の痛みが緩和するということは、精神的なストレスが体の痛みに関与しているせいかもしれない、と考えました。

後頭部に相当するポイントは、ストレス解消の特効ツボだからです。

心と体は密接に関係しており、精神的なストレスは、ときに体にさまざまな痛みを発生させます。痛みを感じるのは脳であり、過剰なストレスにさらされたり、ストレスにうまく対処できなかったりすると、全身をコントロールする脳の機能にも、変調をきたします。

その結果、痛みに対して過敏になったり、器官そのものには異常がなくても、痛みやしびれなどを感じたりするのです。

しかも、松岡先生が調べていくと、痛みやしびれの主な原因が、脳のストレスだったという人のほうが、むしろ多いようなのです。

ストレスポイント

中指の爪の生え際のやや下のポイントは、脳に働きかけて、ストレスの影響で変調をきたした脳の機能を正常化すると考えられます。そこで松岡先生は、このポイントを「ストレスポイント」と名付けました。

その後、手指鍼の研究会でストレスポイントについて報告し、医師や鍼灸師の人たちに、治療に取り入れてもらいました。その結果、「パニック障害やうつ病に効果があった」「どんな治療も効果のなかった首、肩、腰の痛みに効いた」「ひざ痛が改善し正座もできた」などの報告が相次いでいます。

ストレスポイントを押すと痛い人は、ストレスが体の痛みや不調の原因である可能性が高く、中指の一点刺激を行うことで、症状の改善につながると考えられます。

いろいろな治療法を試しても改善しない、体の痛みや不調を抱えている人や、原因不明の体の痛みが慢性的に続いている人は、ぜひ、家庭でも簡単にできる、この中指の一点刺激を試してみてください。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加