ガンなど遺伝子の異常を引き起こした原因は、人間の能力を超えた生き様にある

036

遺伝子の失敗だけでガンになるのではない

新潟大学名誉教授の安保徹先生は、現代は間違った医療を押し進めた結果、行き詰まりに差しかかっていると考えています。

医療を正しく検証できるのも、病気の成り立ちに対する正しい理解があってこそ。そして、その病気の成り立ちを遺伝子の異常と認識し、突き進んでいるのが、現在の最先端医療です。

ハリウッド女優、アンジェリーナ・ジョリーさんが「ガン発長のリスクを最小限にへらすため、両乳腺の切除手術を受けた」と公表し、大きな話題になりました。それは、遺伝子検査でガン抑制遺伝子のひとつに異変が見つかり、将来乳ガンになるリスクが87%、卵巣ガンになるリスクが50%と診断されたことによる決断です。

手術後、乳ガンのリスクは5%にへり、今後は卵巣の摘出手術も受ける予定だそうです。

確かに、ガンの成り立ちを単に遺伝子の失敗と考えるなら、ジョリーさんの選択は、究極のガン予防法といえるでしょう。

しかし、そもそもジョリーさんが遺伝子検査を受けるに至ったのは、母親を卵巣ガンで亡くしたためとのこと。だとすれば、ガンに関連する遺伝子だけを調べても、あまり意味がありません。なぜなら、発ガンを左右する問題は、ガン遺伝子の有無ではなくて、ガンの母体となる体の内部環境にあるからです。

つまり、ガン細胞にも発育にふさわしい環境があって、その条件として不可欠なのが低体温と低酸素。そして、低体温・低酸素の体内環境を作るのが、無理しすぎの過酷な生き方で、過酷な生き方には持って生まれた性格、すなわち親から受け継いだ性格遺伝子が影響する-。

ここまで掘り下げて、はじめてガンが遺伝しやすいほんとうの謎が解けると安保先生はいいます。

ガン予防には切除した組織をiPS細胞に置き換えればよくなる

ガン細胞にも発育にふさわしい環境があって、その条件として不可欠なのが低体温と低酸素。そして、低体温・低酸素の体内環境を作るのが、無理しすぎの過酷な生き方で、過酷な生き方には持って生まれた性格、すなわち親から受け継いだ性格遺伝子が影響するのです。

その際、能力が高くてがんばる性格の人は、おのずと自分を極限まで追い込み、困難を成就するような生き方となり、発ガンを許しやすいといえます。

トップ女優であるとともに、実子に養子を含む6人の子供の母親であり、人権活動家としても知られるジョリーさんも、おそらくは人並み外れた、がんばりやさんなのでしょう。

しかし、がんばりすぎるからこそ、過酷にならないように常に意識し、行動を自制すれば、それが発ガンの予防に結びつきます。遺伝子検査によるリスクが高いからといって、決しておびえる必要はないのです。

そこを勘違いして、わざわざ正常な組織を切除するという、無謀な措置に走ったのがジョリーさんとその医師団です。人間を機械に見立てた現在の医学思想の中では、こうした間違いが起こってくるのもしかたがありません。

間違いから学ぶという意味で、世界レベルで問題碇起をすることになったジョリーさんの告白は、たいへん有意義だったと思います。

ちなみに、ジョリーさんは乳腺を摘出したのち、乳房の再建手術を受けています。先日、厚生労働省は世界に先駆け、iPS細胞の臨床研究を承認しましたが、ガン予防手術の流れが拡大すれば、おそらく将来的には、切除した組織をiPS細胞に置き換えればよい、といった考え方も出でくるでしょう。

ガンを引き起こした原因は、人間の能力を超えた生き様にある

安保徹先生は先日、厚生労働省は世界に先駆け、iPS細胞の臨床研究を承認しましたが、ガン予防手術の流れが拡大すれば、おそらく将来的には、切除した組織をiPS細胞に置き換えればよい、といった考え方も出でくるでしょう。

ところが、そのiPS細胞も、本来の目的は脳神経や心筋など、体がふやせない細胞を作って置き換えることにあったはずです。しかし、実際にiPS細胞が作っているのは、皮膚や血球など、体の中でも常に置き換えられている細胞ばかり。

体でふえる細胞も、骨髄など、その大本となる、幹細胞のレベルにダメージが進めば病気になりますが、組織破壊の病気を引き起こすのも、分裂できない脳神経や心筋にダメージを与えるのも、実は細胞がガン化するときと同様、過酷な生き方で内部環境が変わったときです。

すなわち、すべての病気の成り立ちに、人間の生き様がかかわっています。私はその普遍的な事実に気づいたからこそ、「病気は生き方を変えて治そう」「体が置き換えられない細胞は一生大事に使っていこう」と声を上げてきました。

しかし、巨大な医療産業を背後に抱える医学界に、その声は届きません。それどころか、もともと間違った医療に、最先端の医療と称する間違った医療が次々に加わり、評価も決まらないまま生き続けている。

そして、医学がこうして間違いを重ねている原因は、免疫学、生化学、遺伝学、生物学などの学問が、一つひとつ完成したシステムとして理解されているためです。それらの完成したシステムとの違いに、病気の成り立ちを求めようとするから、遺伝子の異常から先に進めずにいるのです。

しかし、実際の人間は過酷な生き方で負荷がかかったときに、免疫学的にも生化学的にも遺伝学的にも、正常なシステムを維持できなくなって、破綻していきます。

例えば、細胞が正常な生化学反応を進められなくなるのも、過酷な生き方が続いて必要な体温を保持できなくなったとき。

その際、同時に遺伝子の発現や機能にも異常がくるため、一見、遺伝子の異常で病気が起こったように見えます。しかし、その遺伝子の異常を引き起こした原因は、人間の能力を超えた生き様にあります。安保先生はそこを、ぜひ理解してほしいと思っています。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加