高アルカリ温泉水を飲んだら爽快なお通じを実感でき高血圧も正常化

dan33

静岡県 52歳 主婦の方の体験談です。

薬はできればへらしたいと思っていた

桜島の高アルカリ温泉水を初めて飲んだのは、今から3年半ほど前のことです。

亡くなった母のお墓参りに行った日、突然、全身にじんましんが出ました。病院の検査を受けたところ、最大血圧が220mmHgもありました(基準値は140mmHg以下)。

母が高血圧だったので、遺伝かもしれません。高血圧の薬を処方されましたが、副作用が心配で、できればへらしたいと思っていました。

たまたま目に留まった新聞で、高アルカリ温泉水が血圧やコレステロールにいいことを知り、試すことにしました。

高アルカリ温泉水を飲むと、カルキ臭が強い水道水とは比べようのない、実においしい水でした。1日に1リットル以上、積極的に飲むようにしました。

すぐに実感したのが、お通じの改善です。トイレに入ると、経験したことのないほど爽快に、便がスルリと気持ちよく、1日2回も出るようになりました。気になっていた最高血圧も、120mmHgに下がり、基準値になりました。

あっという間に全身に染み渡る感じ

今や高アルカリ温泉水は、私の生活に欠かせなくなっています。お風呂から出てコップ1杯、就寝中のために枕元にコップ1杯。朝に目が覚めてのコップ1杯……これらはもう習慣になっています。ご飯もおみそ汁も、飲み物にもすべてこの水を使い、仕事場にも必ず持参しています。

ときどき足りなくなり、他の水を買って飲みますが、その違いは歴然でした。他の水だと飲んだあとものどがカラカラで癒されませんが、高アルカリ天然水を飲むと、のど元から吸収されてあっという間に全身に染み渡る感じがします。

この違いは体に現れるのでしょう。健康診断では善玉コレステロールがふえ、血圧も安定しています。周りの人からは、シワがなく肌がきれいだといわれています。老眼にならないのも、この水のおかげかもしれません。とにかく、おいしくてやめられません。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加