1円玉健康法で筋肉の緊張が取れて血行がよくなり耳鳴りも視力も改善

dan35

1円玉健康法で耳鳴りの音が低くなり視力も向上した埼玉県 58歳 会社員 男性の方の体験談です。

確かに耳の聞こえはよくなる

今年の4月、私は1円玉健康法を始めました。『1円玉健康法で病気を治す本』(マキノ出版)に興味を持ったのが、きっかけでした。

実は、3年ほど前から両耳の耳鳴りに悩まされており、会話も聞き取りにくい状態だったのです。

そこで、まず耳鳴りに効くという、耳の周りと首の後ろのツボに1円玉健康法をはりました。

外出時を除き、ほぼ一日中、1円玉をはって過ごしたのです。すると2~3日で、耳の奥で響いていた高音が低くなりました。しかし数日後、なぜか元の状態に戻ってしまったのです。

そこで、1~2日ほど1円玉健康法を休み、あらためて1円玉をはり直したところ、また耳鳴りの音が低くなりました。今は、耳鳴りがぶり返したら2~3日間休む、といった具合に様子を見ながら続けています。

私の場合、1円玉健康法で確かに耳の聞こえはよくなります。

最高に聞き取りづらい状態を10とすると、1円玉健康法で調子がよいときは4、といった具合でしょうか。

面白いことに、髪が伸びると効きが悪くなり、散髪直後はよくなります。これは、髪の毛で1円玉と肌の密着が妨げられることと関係があるのかもしれません。

目の疲れも感じなくなった

ほかにも、思わぬ変化がありました。私は3年前の、左目の白内障(目のレンズに相当する水晶体が濁る病気) の手術以降、少し物がぼやけて見えるようになっていました。

それが、1円玉健康法を始めて1カ月ほどで、周囲がハッキリと見えるようになったのです。それまで見づらかったテレビの天気予報の小さな数値や、人の髪の毛の流れなどもよく見えます。BS放送は、さらにハッキリ見えています。また、読書をしても目の疲れを感じなくなりました。

生活習慣は変えていないので、この変化は、目に近い場所に1円玉健康法をはったのが原因としか思えません。

本を参考に腰痛や不眠のツボにも1円玉をはりましたが、こちらも具合がいいようです。

夜中に目覚める回数は、3~4回から1~2回に減りました。今後も様子を見ながら、いろいろ試してみるつもりです。

弘漢療法院院長 川村昇山先生の解説

1円玉健康法で生体磁気を整えると、筋肉の緊張が取れて、血行がよくなると考えられます。並木さんの場合、1円玉をはったことで頭部の血行がよくなり、目の機能が回復したのではないでしょうか。

髪の生えぎわのツボに1円玉をはりづらい場合は、1円玉でやや強く押したり、こすったりするだけでも構いません。アルミニウムで小さな擦過傷を作れば、そこから内部にたまった電子が抜けて生体磁気が整うはずです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加