「ひじ・腕シップ」で耳鳴りがスーっと消えた!悩んでいた腰痛も楽に

050

頭の中でゴンづン鳴り響く耳鳴りがひじと腕にシップをはったらピタッと消えた京都市 51歳 主婦の方の体験談です。

音のせいで髪の先までピリピリするよう

以前から、多少の耳鳴りはありましたが、それがひどくなったのは、昨年の11月ごろでした。「ドンドン」「ゴンゴン」という太鼓をたたくような音が、右耳の奥で響くようになったのです。

「脳に異常があるのではないか」と心配になって、脳の検査を受け、耳鼻咽喉科にも行きましたが、異常は見つかりませんでした。

そこで私は、「これは、もしかしたら、ストレスのせいかもしれない」と考えました。

実は、その1年くらい前から、私は自宅を改築していて、隣の孫一家の家にい仮住まいしていました。その引っ越しやら、工事の人の出入りやらがいろいろあって、耳鳴りが起こる半年くらい前から、体調をくずしていました。

それに加えて、この耳鳴りです。耳鳴りは、そのうち頭の中でガンガン響いて消えなくなり、髪の先までピリピリするようでした。

すぐにやってみることにした

夜も眠れないので、睡眠導入剤や精神安定剤をもらって飲んでいましたが、それでも2時間くらいで目が覚めます。朝も、5時になると、「ゴンゴン」という耳鳴りで寝ていられません。せめて昼間、5分でも10分でも昼寝ができればらくなのですが、それも思うように眠れませんでした。

そんな状態で、どうにも我慢できなくなり、以前からお世話になっている、京都市・安田医院の安田譲先生に相談しました。そこで勧められたのが、耳鳴りに効くという、「ひじ・腕シップ」です。

私はその前から、先生にいろいろなシップ療法を教えてもらっていました。先生の話では、私は自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)の失調で、筋肉がこっているそうです。

確かに、体調をくずしてからは、右の肩甲骨(背中の上部左右にある一対の骨)の真の筋肉が、ひどくこっていました。それを改善するために、小指シップや腰シップなどを教えてもらい、効果を感じていました。

ですから、耳鳴りに効くシップ療法も、すぐにやってみることにしたのです。

頭の中がいつでもシーンとしている

耳鳴りのシップは、まず右ひじに、少し斜めにシップをはります。それから、右の上腕の肩寄りの後ろ側にもはります。外側から内側に巻き込むような感じではるのが、私にはいちばん効くようです。

使うシップは、先生からいただいている、冷感タイプのパップ剤です。1枚を半分に切って、ひじと腕にはります。

驚くことに、このシップをすると、それまでゴンゴン響いていた耳鳴りが、5分か10分で、本当にピタツと止まるのです。

それからしばらくいろんなことをして、静かなところに行くと、また耳鳴りがゴンゴン聞こえてきます。それでシップをはり直すと、耳鳴りがスーっと消えていく、また気が付くと音がする……。最初はそんな具合でしたが、だんだん、自然に、耳鳴りが遠のいていきました。

今年の7月の初めくらいからは、まったく耳鳴りがありません。頭の中が、いつでもシーンとしています。たまに高いところに行くと、耳がツーンとすることがあって、「耳鳴りがくるかな」と思いますが、そのまま治まります。おかげで今は、いつでも頭がスカッとして、本当にらくです。

私の友人は、腰痛で毎日のように注射を打ちに病院に通っています。私もときどき腰痛を起こしますが、ほとんどシップで治まります。

安田先生は薬をあまり出さず、どんな症状もシップで治してくれるので、薬があまり好きでない私は、とても助かっています。

安田医院院長 安田譲先生の解説

右腕の上腕上部の背中側は、右耳のポイントで、ここがこっていると、右耳に関する症状が出てきます。この場合は、耳のポイントへの腕シップと、右ひじへのひじシップを行うと、耳鳴りに非常に効果があります。

なお、細かい仕事をすると肩や腕がこって、耳鳴りがひどくなりますから、耳鳴りのある人は、肩、腕に負担のかかることは控えましょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加