寝ながらできる「ゆる体操」でダイエット

dan51

ちょっとした時間でできる

現代の人間は、いろいろなところに余分な力を入れて、毎日を過ごしています。

同じ姿勢でデスクワークをしていれば、いつの間にか肩に力が入ります。通勤電車で立っていれば、当然、足を踏ん張っています。さらに、精神的ストレスによっても、体に力が入ります。仕事のノルマやプレッシャーから身を守ろうと、体は本能的に力を入れるからです。

そんなときこそ、「ゆる体操」で体から余分な力を抜いて、体をゆるめましょう。

ゆる体操とは、「モゾモゾ」「プラプラ」などの擬態語を口ずさみながら、ゆすったり、ほぐしたりすることで、体のあらゆる硬縮を取り除いていく体操です。人間の体は、緊張したり、力を入れたりすると、無意識に息がしづらくなるのですが、声を出せば楽に息を吐くことができます。

言葉を発することで、体をリラックス状態にできるわけです。といって、大きな声を出す必要はありません。自分に聞こえる程度でけっこうです。いつでも、どこでもできるので、仕事の休憩中や寝る前など、ちょっとした時間で体をゆるめることができます。

ストレスからの暴飲暴食もしなくなる!

ゆる体操には、さまざまな種類がありますが、簡単にできて効果的と人気なのが、寝て行う「寝ゆる体操」です。寝ゆる体操を行うと、ダイエットに驚くほどの効果を発揮します。

1日の活動量、運動量が増加し、自然と基礎代謝量もふえて、エネルギーをたくさん消費できるようになるからです。さらに、精神が安定するようになるので、ストレスからの暴飲暴食もしなくなります。

ある40代半ばの男性のAさんは、仕事のストレスからの過食で、体重が80kgほどありました。寝ゆる体操を知り、毎日実行しました。特に「ひざコゾコゾ体操」は、昼でもずっと行ったそうです。すると、食事制限なしで3カ月で70kgにまで減量できました。代謝が上がり、楽に動けると喜んでいます。

また、50代半ばの女性のBさんは、身長が155cm、体重が80kgほどで、どんなダイエットをしても失敗続きでした。

ゆる体操の教室にくるようになり、寝ゆる体操を毎日実行するようにしたところ、月に5kgのペースでやせ始め、20kgの減量に成功。順調にやせていくので、心配になるほどでした。引っ込み思案だったのに、前向きに、明るくなったそうです。

皆さんも、寝ゆる体操を行い、体の奥からほぐれていくリラックス感を味わい、健康的でスリムな体を手に入れてください。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加