ひざベルトは、腰痛やひざ痛、股関節痛、肩や首の痛みなどの痛みに効果的

dan013

内太ももの疲れがさまざまな痛みを招く

皆さんは、自宅のいすや電車の座席に座っているとき、足を組んだり、組みたくなったりすることはないでしょうか。

また、「昨日、歩きすぎてひざが痛い」「歩きすぎて腰が痛い」など、ふだん以上に歩いたことで、体に痛みが出た経験はありませんか。

「ある」というかたは、太ももの、特に内側の筋肉が疲れたり弱ったりしている証拠です。そのようなかたには、今回ご紹介する「ひざベルト」がお勧めです。

ひざベルトは、ベルトをひざの上の太ももに巻きつけるだけで、さまざまな部位の日常的、慢性的な痛みが消える、簡単で効果的な健康法です。

ではなぜ、太ももの内側の筋肉が弱ると、足を組みたくなったり、体に痛みが現れたりするのでしょうか。横須賀市・大津接骨院院長の石橋輝美先生は、治療を行う過程で、「薄筋(はくきん)」という、太ももの内側にある筋肉に注目しました。

太ももの内側には、大内転筋、長内転筋、短内転筋、恥骨筋、薄筋といった筋肉があり、これらをまとめて内転筋群と呼んでいます。この筋群は、連動してうまく機能しながら、股関節を動かし、両ひざを寄せたりします。

内転筋群はそれぞれの筋肉が層状になっていて、薄筋は皮膚にいちばん近い部分に位置します。両足を大きく開いて床に座ったときに、太ももの内側にせり出してくる、ひも状の筋肉が薄筋です。

薄筋は、骨盤から、すねの骨の上方まで伸びる、長くて薄い筋肉です。薄筋と太ももの骨の間に、ほかの筋肉が収まっています。つまり、薄筋は足の動きそのものに関係する一方、ほかの内転筋群を支える役目もしているのです。

この薄筋が衰えたり、柔軟性がなくなったりすると、内転筋群を支えられなくなり、内転筋群の機能が低下します。その結果、両ひざを寄せられなくなるのです。

つまり足を組む動作というのは、疲労し、柔軟性のなくなった薄筋をリラックスさせようと、私たちが無意識に行っているものなのです。

また、薄筋の働きが悪くなると、太ももの前側や外側にも悪い影響を与えます。特に、太ももの外側にあって、薄筋と同じような働きをしている腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)の過緊張や柔軟性の低下を招きます。

これは、体のさまざまな痛みにもつながります。

脊柱管狭窄症による痛みにも効果を発揮

薄筋の働きが悪くなる原因としては、疲労や柔軟性の低下、運動不足に加え、長年の歩き方のクセが挙げられます。

かかとでの接地のしかたや、次の1歩を踏み出す際に蹴り上げる方向には、人それぞれのクセがあります。

悪い歩き方をしていると、不合理な負荷が足にかかります。その負荷は足先から、すね、太ももへと上がっていきます。それでも、筋力や筋肉の柔軟性がまだあるうちは、そういった負荷にも耐えられます。

しかし、加齢によって筋力は衰え、柔軟性も低下します。そして筋肉が負荷に耐えきれなくなり、限界点を超えることで、体の各部位にさまざまな痛みが発生します。

そうした、筋力の衰えや柔軟性の低下が最も現れやすいのが、薄筋なのです。

長い年月をかけてついた歩き方のクセは、一朝一夕には正せません。したがって、働きの悪くなった薄筋をリラックスさせ、柔軟性を取り戻すことこそが、今、皆さんが抱えている痛みを取り去る近道であり、最も効果的な方法なのです。

ひざベルトは、両足の薄筋を左右均等にリラックスさせ、本来の柔軟性や機能を取り戻します。しかも、やり方はとても簡単です。両ひざの間隔を少し開いた状態でいすに座り、ひざの上の太ももの部分にべルトを巻くだけです。

ベルトがない場合は、新聞紙などをまとめるビニール製のひもを使ってもかまいません。その場合、5~6回巻きつけるか、同じ長さのひもの輪を5~6個作って、全部で3~5cm幅になるようにして、足を通してください。ある程度の幅があったほうが効果的ですし、ひもに太ももが食い込むのを防止します。

行う時間帯に決まりはありません。やりすぎによる不具合もないので、時間のあるときや外出から戻った際など、1日に何度でも行いましょう。気持ちのよさを実感できます。

ひざベルトは、腰痛やひざ痛、股関節痛、肩や首の痛みなど、日常的、慢性的に感じている痛みに効果的です。変形性ひざ関節症、変形性股関節症、脊柱管狭窄症に由来する痛みに対しても効果を発揮します。

ベルト1本で、「もう、うんざり」な痛みを解消できる、ひざベルトをぜひお試しください。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加