酢タマネギのおかげで元気を取り戻した私

骨折の治療後に頻発した疲れが酢タマネギの常食で消失した神奈川県 40歳 自営業 女性の方の体験談です。

骨折療養後の疲れやすさに悩んだ

私は、趣味で日本舞踊を習っています。しかし、今から1年前、お稽古中にバランスをくずした拍子に右足の小指を骨折してしまいました。そのため、治るまで半年ほど、自宅で安静にしていなければならなかったのです。

半年間は整形外科に通う以外、ほぼ外出しませんでした。仕事は在宅のデスクワークで、買い物はたいてい宅配で届けてもらっていました。

こうして運動不足の日々が続いたせいか、骨折が治っていざ動けるようになったあとはずいぶんと疲れやすくなっていました。

外に出てちょっと歩いただけで足取りが重たくなり、息も上がってしまうのです。自宅に帰ると体がだるく、外出後は横になってしばらく休まなければなりませんでした。

そんな私が酢タマネギのことを知ったのは、今から2カ月前の1月に読んだ健康雑誌がきっかけでした。

そもそも、酢やタマネギに疲労回復作用や強壮作用があることを知っていた私は、酢タマネギなら、体力低下や疲れやすさの改善に大きな効果が得られるに違いないと考えました。そこで、すぐに材料を買って手作りし、常食することにしたのです。

外出時の息苦しさとも無縁になった

私の場合、酢タマネギに使う酢として、リンゴ酢を選びました。リンゴ酢は、甘くさわやかな香りとすっきりとした酸味が特徴で、酢独特ののどへの刺激がほとんどありません。リンゴ酢を使えば、酢タマネギを毎日おいしく食べられそうだと思ったのです。

私は、朝食と夕食の1日2回、3日以上漬けた酢タマネギを大さじのスプーンに2杯、山盛りにすくい取って食ベました。タマネギだけでなく酢もいっしょに皿に注ぎ、いわゆる汁けの多い「ツユダク」の状態にすると、さらに
おいしく食べられました。

酢タマネギを食べはじめたころは、体が力-ツと熱くなるのが感じられました。そのため、「酢タマネギが全身に効いているんだという実感が持てたのです。

そうして酢タマネギをとりはじめて1週間もすると、全身にエネルギーが満ち溢れているような感じがしてきて、体を動かしたい欲求にかられるようになりました。

実際、外に散歩に出かけても足取りの重さや息苦しさもほとんどなくなっていて、疲れにくくなっているのがわかりました。また、自宅に帰ったあともだるさに悩まされることはなく、家に帰ってそのまま家事を始めることも珍しくなくなったのです。

酢タマネギのおかげで元気を取り戻した私は、以前よりも強い意気込みで日本舞踊のお稽古に励んでいます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加