「乳酸菌熟成エキス」は糖尿病の予防・改善効果やアレルギー性疾患に効果が

大豆を数年かけて発酵熟成させて作る

乳酸菌熟成エキスとは、大豆と天然水を原料に、乳酸菌をはじめとした数十種類の有用菌(体にいい働きをする、いわゆる善玉菌のこと)を種として、2年以上かけて発酵・熟成させて得られるエキスです。

乳酸菌熟成エキスは乳酸菌そのものではなく、乳酸菌や酵母菌をはじめとする発酵微生物が作り出す代謝産生物です。

そのため、乳酸菌熟成エキスには、アミノ酸やペプチド(アミノ酸が二つ以上結びついたもの)、フラボノイド(抗酸化成分の一種)、酵素(体内の化学反応を促す物質)、酪酸などの有機酸、天然の抗生物質など、体に有益で希少な栄養成分が数多く含まれています。

特に注目すべきは有機酸の一種である酪酸が豊富に含まれていることです。この栄養は、腸粘膜上皮細胞(大腸内部の粘膜を形成する細胞)の重要なエネルギー源になるのです。

発酵が進むぼど善玉菌を増やす効果が大きい

また、発酵食品は、発酵が進むほど善玉菌を増やして悪玉菌を減らす作用が強くなると考えられます。例えば、酒も酢も米を発酵させて作りますが、酢は酒よりも発酵が進んでいます。昔から、酢は食品の保存やカビ防止などに用いられてきましたが、これは、酢には善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして腐敗を減らす作用があるからです。一方、酒は、善玉菌も悪玉菌も死滅させてしまいます。

原始仏教の「大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)」という教典には、乳製品の発酵食品は、発酵の度合いに応じ、「五味」として、「乳」「酪」「生酥(しょうそ)」「熟酥(じゅくそ)」「醍醐」の五段階の味があると記されています。乳は原料となる牛乳、酪はヨーグルト、生酥・熟酥はチーズに該当すると考えられています。

そして、最もおいしく、すべての病気を治す優れた健康食とされているのが、熟成が最も進んだ醍醐です。乳酸菌熟成エキスは、大豆を使って醍醐を再現した食品といえます。そのため、乳酸菌熟成エキスには、腸内環境を整え心身を健康に導く絶大な効果が秘められていると考えているのです。

乳酸菌熟成エキスには、糖尿病や脂質異常症の予防・改善効果や、アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー性疾患に有効との報告があります。実際にある医師が患者さんに乳酸菌熟成エキスをすすめたところ、潰瘍性大腸炎・クローン病といった腸の難病やアレルギー疾患が劇的に改善する例があったそうです。

乳酸菌熟成エキスは、薬局の健康食品売り場や通信販売などで各種市販されています。体の不調に悩んでいる人は、ぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加