「耳の下さすり」で自律神経をコントロールして、さまざまな症状が改善できる

いわゆる自然治癒力の一つ

「グルグル回るめまいが解消した」「低血圧が安定した」「足腰がしっかりした」

これらは、神戸東洋医療学院学科長の河村廣定先生が、20年以上研究をしている「耳の下さすり」を、セルフケアに取り入れた患者さんたちの声です。

耳の下さすりは、河村先生が提唱している「反応点治療」の核となるものです。反応点治療では、反応点と呼ぶ皮膚のポイントへの刺激によって、自律神経のコントロールを行い、さまざまな症状を改善に導きます。

先ずは自律神経と反応点との関連を説明しましょう。

自律神経は、私たちの意志とは無関係に働き、内臓や血管などをコントロールしています。

例えば、食べ過ぎて、胃の調子が悪くなったとしましょう。医者に行くほどではないものの、確かに胃の粘膜が荒れているとします。

この胃の状態は、皮膚の痛みと同じように、脊髄へと伝えられます。この情報が脊髄に入ったところで、スイッチバック(脊髄反射)をして、今度は、胃を修復しようと動き始めるのです。いわゆる自然治癒力の一つといえます。

心身の不調は皮膚に現れる

自律神経は決して不思議な神経ではなく、伝えられた情報に従って、局所の保護を目的に働いているのです。

このさい、胃と交感神経幹(脊髄のそばを走っている交感神経の束)や、胃と脊髄の間では、情報がしきりにやり取りされます。そして、皮膚に分布する交感神経にも指令が伝えられます。すなわち、胃が荒れているという情報は、皮膚交感神経を経て、皮膚の状態を変化させるのです。

すると、皮膚の特定の部分に、その周辺と異なつた状況が生まれます。皮膚は体の中の病気を物語っている、といえるのです。

これが反応点です。いわゆるツボや経絡(一種の生命エネルギーである気の通り道)とは異なり、交感神経の働きによって生じる生理的作用なのです。河村先生は、これを反応点と呼び、診断と治療に用いる反応点治療を開発しました。

→「耳の下さすり」で内耳点を刺激するとめまいや耳鳴り、物忘れや認知症予防に役立つ

→「耳の下さすり」のやり方とほかの反応点のさすり方

→常時鳴り続けていた耳鳴りが「耳の下さすり」で小さくなった

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加