タレントの竹内都子さんもむくみが取れ足が細くなった「ふくらはぎマッサージ」

10年ほど前から降圧剤を服用

両親とも高血圧なので、私もいずれはそうなると覚悟を決めていました。案の定、35~36歳くらいから、健康診断のたびに「血圧が高めだから気をつけて」と、医師からいわれるようになりました。

そのころは、最大血圧140mmHg、最小血圧85mmHgくらいだったと思います(血圧の基準値は、最大血圧140mmHg未満、最小血圧90mmHg未満)。

降圧剤を飲むようになったのは、10年ほど前からです。ただし、血圧って、薬を飲んでいれば、簡単に安定するものでもないようですね。

薬を飲んでも血圧が安定しなかった!

調子がよければ、上が125mmHg、下が80mmHgという日もありますが、上が153mmHg、下が95mmHgくらいまで上がることもあり、日によって変動が激しかったのです。

そこで、自分なりに運動も心がけました。毎日1時間半ほどウオーキングをして、その途中、公園でストレッチもするようにしたのです。

ところが、1年前に犬を飼ってから、この習慣がいつの間にかなくなりました。当初は、犬といっしょに運動しようと思っていたのです。犬の散歩も自分の運動もできて、一石二鳥じゃないかと。ところが、犬ってこっちが思うようには歩いてくれません。

急に走り出すかと思うと、止まって全く歩いてくれなくなります。公園でのストレッチも、犬といっしょではゆっくりできません。かといって、犬を散歩させたあと、一人でウオーキングに出かける気にもならないのです。

ふくらはぎのもみ方を教えてもらい毎日続けた

ちょうど、体のためになにかやらないといけないと思っていたときに、テレビ番組のある企画に参加することになったのです。毎日、「ふくらはぎをもむ」だけで、食生活は変えずに血圧を下げるという実験でした。高血圧のタレントということで、私に白羽の失が立ったようです。

まず、この健康法を勧めている人に、ふくらはぎのもみ方を教えてもらい、毎日続けました。

①ふくらはぎの内側を足首からひざ下まで押す。

内くるぶしの横からひざ下までを、3~4cm問隔で押していきます。両手の親指を重ねて、体重を乗せる感じで、骨の際をぐーっと押します。次に、3~4cm上に移動し、再び骨の際を押します。ひざ下までいったら、もう一度、内くるぶしからひざ下まで押します。

②ふくらはぎの外側を足首からひざ下まで押す。

外くるぶしの横からひざ下までを、3~4cm間隔で押していきます。両手の親指を重ねて、体重を乗せる感じで、骨の際をぐーっと押します。3~4cm上に移動し、再び骨の際を押します。ひざ下までいったら、もう一度、外くるぶしからひざ下まで押します。

③ふくらはぎの中央をアキレス腱からひざ裏まで押す。

ふくらはぎの後ろ側中央を、アキレス腱からひざ下まで押します。①②と同様に、3~4cm間隔でひざ裏まで押し、もう一度、アキレス腱からひざ裏までを押します。

④ひざ裏をもみほぐす。

ひざの裏を指で探ると、ぐりぐりしたリンパ節があるのがわかります。このぐりぐりを優しく、5~6回もみほぐします。

⑤アキレス腱をはがす。

アキレス腱を左右から強めにつまんで、骨からはがすように引っ張ります。アキレス腱の下から、ふくらはぎの3分の1ぐらいまで、はがしていきます。左右に行います。

やわらかいふくらはぎになり血圧降下!

①~③は、下から上に老廃物を押し上げるように、呼吸をしながら、体重をかけてやるのがコツです。

私の場合は、実行する時間を決めず、気がついたときに行いました。ロケバスで移動中のとき、楽屋で出番待ちをしているときに、やっていましたね。

毎日ふくらはぎをもんでいたら、かたかったふくらはぎが、少しずつやわらかくなってきました。足に老廃物がたまると、筋肉がかたくなるそうです。それが排出されたことで、やわらかくしなやかな筋肉に変わったのでしょう。

さて、1カ月ふくらはぎもみを続け、番組内で血圧を測定する日がやってきました。その結果、びっくりするほど、血圧が下がっていたのです。

スタート時の血圧は、上が145mmHg、下が90mmHgでした。それが、上が129mmHg、下が80mmHgになっていて、ちゃんと基準値内に収まりました。高かった私の血圧が、ふくらはぎもみで正常化したわけです。

番組の企画が終わってからも、気がつけば、ふくらはぎをもむようにしています。そのおかげか、足がむくまなくなり、細くなった実感があります。

東京医科大学八王子医療センター病院長 高沢謙二先生の解説

血液は、特に足で滞りがちです。それは、重力に逆らって、血液を心臓へと押し上げる必要があるからです。

ふくらはぎマッサージを的確に行うと、足の静脈(ひらめ筋静脈)の流れが改善し、足の血液が心臓に戻るのを助けてくれます。そのため、全身の血液循環が円滑になり、動脈硬化や高血圧の予防・改善や、血管の若返りも期待できます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加