「麦ごはん」のおかげで10kgやせてシャツもズボンもブカブカになった

麦ごはんで高かった血圧も大幅に下がった米国在住 41歳 男性の方の体験談です。

なんとか体重を落としたい

40歳になった、一昨年の秋のことです。日ごろの不摂生がたたって、体重が97kgまでふえてしまいました(身長177cm)。

私は、以前から太りすぎると、体がだるくなって食欲が低下するせいか、ある程度は自然と体重が戻ります。今回も同様で、90kgまでは落ちましたが、それ以上はどうしてもへりませんでした。

そこで、なんとか体重を落としたいと思い、10月末から試みたのが、麦ごはんを食べることです。

麦ごはんが、食物繊維やビタミンB1が多く、体によいことは知っていたので、以前も何回か食べたことがあります。ところが、私以外の家族は、肥満や便秘とは無縁でしたから、買った大麦がなくなると、いつの間にか白米に戻っていました。

今回は、1食ずつパックされた麦ごはん(150g)を、私だけが、1日2回、朝食と昼食にレンジで温めて食べることにしました。お昼は、会社に持参して、食堂で買えるおかずといっしょに食べました。

いつもは好きなだけごはんをお代わりしていましたが、パックの麦ごはんは、量が決まっています。そのぶん、よくかんで味わいながら食べたら、少ない量でも満足できました。

ちなみに、夕食は仕事の関係で会食が多いので、今までどおり、食べ放題の飲み放題です。

体の中が空っぽになるくらい便が出た!

こうして麦ごはんを食べ始めて驚いたのは、便通がすごくよくなったことです。約2週間後、体の中が空っぽになるくらいドドッと便が出たのです。体重が一気に落ちたみたいでした。

麦ごはんを始めて1カ月後、病院で検査を受けたら、体重は4・5kgへっていました。そのとき、医師から、内臓脂肪がすごくへっているとほめられました。以前は、腹部CT検査で、95c㎡もあった内臓脂肪の断面積が、59c㎡になっていたのです。実際、おなかもベタンコになりました。

また、私は血圧が高めで、毎年春に受ける会社の健診では、最大血圧がいつも138mmHgくらいありました。ところが、麦ごはんを食べ始めて約半年後の健診では、115mmHgになっていたのです(基準値は140mmHg未満)。

麦ごはんの味は、普通のごはんとほとんど変わりません。むしろ食感がよいので、気に入っています。ですから、今年の2月に海外赴任するまで、1年以上続けられました。

その結果、80kgを切るまでに体重は落ち、今までのシャツもズボンもブカブカ。ベルトは新しく穴を開けました。リバウンドもなく、今も80kgの体重を維持しています。体が軽くなって、体調もとても良好です。

→管理栄養士もおすすめ!食物繊維たっぷりの麦ごはん

→人気の麦ごはんのおいしい炊き方・食べ方

→麦ごはんのおかげでおなか周りがかなり小さくなり健診の総合評価がほぼ正常に

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加