ひざ痛が治らない私に友人が紹介してくれた「ふくらはぎマッサージ」

ふくらはぎマッサージでひざ痛が消失して階段も楽々になった大阪府 53歳 主婦の方の体験談です。

痛み止めを飲み、湿布をして寝ていた

左ひざが痛むようになったのは、1年ほど前からです。

私は46歳までソフトボールをしていて、グラウンドを走り回っていました。そのおかげか、一度もひざ痛になったことがありません。

ところが、ソフトボールをやめて、車で移動するようになったとたんに、ひざが悪くなってしまったのです。

ひざがうずくように痛くて、眠れません。しかたなく痛み止めを飲み、湿布をして寝ていました。

寝床から起き上がるときも、左ひざが曲がらないため、右足だけを頼りに起きなければならないのです。正座などはとてもできません。

何本注射を打っても全くよくならない

また、左のお尻にいつもハリがありました。お尻のつけ根が微妙に腫れていて、不快だったのです。さらに、それほどひどくはありませんが、腰痛もありました。

これも、おそらく、ひざをかばっているうちに、お尻や腰によけいな負担がかかっていたためでしょう。

歩くのも、階段を上り下りするのも、大変でした。そんなわけで、とてもつらい日々が続いていました。

もちろん、整形外科で診療を受けました。最初に行った整形外科では、ヒアルロン酸の注射を5本打ってもらいましたが、全くよくなりません。次にもう一カ所、別の病院に通ってみました。ここでも、6本注射をしてもらいましたが、それも効果がなかったのです。

「いいところがあるよ」と勧めてくれた

そんなとき、友人が紹介してくれたのが、タオ整骨院でした。「いいところがあるよ」と勧めてくれたのです。とにかく困っていましたから、わらをもつかむ思いで、試しに行ってみました。それが、今から半年ほど前のことです。

そこで初めて、ふくらはぎをもんでもらったところ、かなりかたくなっているといわれました。確かに、もんでもらうと痛みがありました。

今では定期的に通い、ふくらはぎなどにマッサージをしてもらっています。

また自宅でも、毎日ではありませんが、入浴中にふくらはぎをもむようにしました。

→ふくらはぎマッサージで、ふくらはぎの血流が改善しひざ痛が改善

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加