ふくらはぎマッサージで、ふくらはぎの血流が改善しひざ痛が改善

ふくらはぎマッサージでひざ痛が消失した大阪府 53歳 主婦の方の体験談の続きです。

痛み止めや湿布も、不要になった

マッサージを続けているうちに、かたくなっていたふくらはぎは柔軟性を取り戻しました。もむと、だんだん気持ちよくなっていったのです。

ふくらはぎの筋肉がやわらかくなると、ひざも楽になるのがわかります。

こうしていくうちに、ひざの状態がどんどんよくなってくるのです。整形外科で注射を打っても、何の変化もなかったので、驚きました。

今では、左ひざの痛みはほとんどありません。ですから、痛み止めや湿布も、不要になりました。

動きも軽快です。朝、布団から起き上がる際も、難なく立ち上がれます。

さらに、左のお尻の腫れが引いてきました。腰も全く痛くありません。ひざ痛が消えたあとふと気づくと、これらの症状が、すっかりよくなっていたのです。

目をみはるほどの回復ぶり

以前なら、ヨロヨロとはって上り、必死に下りていた階段も、楽に上り下りできます。

ひざの曲がり具合は、改善されつつありますが、まだじゅうぶんではありません。

また、運動不足が続いたり、ふくらはぎマッサージをあまりしなかったりすると、ふくらはぎがかなりかたくなってきます。

それでも、病院に通っても、痛みが全く引かなかったときのことを考えると、目をみはるほどの回復ぶりです。

ふくらはぎマッサージを試してみて、ほんとうによかったと思います このままふくらはぎマッサージを続けていけば、正座ができるのではないかと期待しています。

健康を保つ上で、ふくらはぎの重要性を実感する毎日です。

ふくらはぎ健康法タオ・タオ整骨院院長 丸山真砂夫先生の解説

長年スポーツをしていたかたが運動をやめると、その影響が体に現れることがよくあります。この方のケースは、その典型例でしょう。ひざに炎症が起こり、患部には発病物質がたまっていたはずです。うずくようなひざ痛は、この発痛物質が原因です。ひざ周辺の血流不良も、かなり長く続いていました。

ふくらはぎマッサージで、ふくらはぎの血流が改善すると、ひざ周辺の血流も大幅によくなります。すると、患部にたまっていた発痛物質が流し出されると同時に、炎症を起こしていたひざの組織の修復が速やかに進められます。これによって、ひざ痛が改善し、可動域も広がってきたと考えられます。

→ひざ痛が治らない私に友人が紹介してくれた「ふくらはぎマッサージ」

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加