体を温めるだけでガンを予防し老化防止にも役立つ

血液やリンパの流れがスムーズになる

「体を温めると健康になる」とは、民間療法として、皆さんもよくご存じだと思います。

体が冷えると血液やリンパ(体内の老廃物や毒素、余分な水分を運び出す体液)の流れが悪くなり、細胞の機能自体が低下。それによって、さまざまな病気の原因になることがわかっています。

血液は、酸素とビタミン、ミネラルなどを高濃度に含む液体です。血液を体の末梢まで行き渡らせているかどうかで、健康状態は左右されます。体を温めることで、血液やリンパの流れがスムーズになり、新陳代謝も高まるので、健康が増進し、病気予防ができるのです。

抗酸化物質を体内に増やす

さらに、近年の研究で、体を温めることは、血液循環をよくするだけでなく、血液中にスーパーマンのような働きをする物質が大量に放出されることが証明されました。

その物質は、ヒートショックプロテイン(HSP)です。HSPとは、読んで字のごとく、熱によるショック(刺激)を与えたときに出る、抗酸化力のあるプロテイン。つまり、傷んだ細胞を修復する働きを持っているたんばく質のことです。

老化や病気の原因になるのは、細胞を攻撃する活性酸素です。活性酸素は紫外線や食品添加物、ストレスや喫煙、飲酒などによって体内に発生します。

ですから、老化や病気予防には、活性酸素の発生の原因となる生活習慣を見直すことはもちろんですが、抗酸化物質を体内に増やすことも重要です。

注目されているのがHSPのガン予防効果

HSPなどの抗酸化物質を増やせば増やすほど、老化予防や万病予防ができるのです。

最近注目されているのは、HSPの抗腫瘍効果。ガンを予防し、さらにはある程度ガン細胞を消すことがわかっています。

また、HSPは乳酸の発生を遅らせる働きも持っています。乳酸は体にたまると、だるさや首・肩のこりにつながります。

入浴などで十分に体を温めると、だるさやこりが緩和するのは、HSPが増えるからです。

もう一つ、HSPには除痛効果があります。HSPが脳に働きかけて、神経伝達物質ドーパミンを活性化。ドーパミンは、別名、快楽物質とも呼ばれ、痛みを感じにくくさせる働きがあります。ひざ痛や腰痛、神経痛などが改善します。

→体を温める温熱療法が生活習慣病を予防し美容効果まで

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加