体を温める温熱療法が生活習慣病を予防し美容効果まで

短期間で体重が落とせる

このように、体を温めてHSPの発生を促進し、同時に血液循環をよくすると健康や長寿効果があることが、医学的にも証明されているのです。

港区にある、あるクリニックでは、ガンをはじめとする生活習慣痛の治療や予防に、「温熱療法」を積極的に取り入れています。

さらに、ほとんどの患者さんに、自宅でも行ってもらうように指導しています。そのとき使うのは、コテ状の専用の温熱器です。この温熱器は遠赤外線を放出するので、体の深部まで熱を伝えることができます。

遠赤外線は、入浴や岩盤浴などの温熱刺激より体の深部まで入るのが特徴です。体の芯まで温まり、その効果が長続きします。

温熱器は片手で持てる大きさなので、人の手を借りずに自分でできます。こりや痛みのある部分をピンポイントで温めると、即効で改善できます。

全身の代謝がアップしダイエット効果も

また、就寝前に背中を中心に温めると、昼間に働く交感神経から、リラックス時に働く副交感神経にスイッチして、ストレスを解消し熟睡できます。

自宅で行う患者さんは、健康ばかりか美容効果に驚く人も多いのです。全身に加え、顔に温熱療法をすると、肌色が明るくなります。また、たるみが解消するのでリフトアップします。

これは、皮膚の真皮層にHSPが発生し、肌の潤いやハリを保持させるヒアルロン酸やコラーゲンが増えた結果なのです。

さらに、温熱療法によって全身の代謝がアップするため、ダイエット効果もあります。特に、低体温で脂肪太りタイプの人は、短期間で体重が落とせるでしょう。また、細胞レベルの研究で、HSPが長寿細胞を刺激し、活性化することもわかっています。健康寿命を伸ばす手助けにもなるでしょう。

このように、温熱療法にはガンや生活習慣病予防、美肌やリフトアップ効果、肥満予防、長寿効果があります。病院にお世話にならず、「元気で長寿」をかなえるために、食事や運動に加えて温熱療法を習慣にすることをお勧めします。

→体を温めるだけでガンを予防し老化防止にも役立つ

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加