耳かきでリラックスすれば免疫力もアップ!

副交感神経を直接的に刺激できる!

子供のころ、母親のひざまくらで、耳掃除をしてもらった記憶はありませんか? そのときの気持ちよさといったら、思わず眠ってしまうほどでした。

これは、母親のひざの上ならではの安心感も要素の一つですが、実は医学的にも、れっきとした理由があるのです。

脳の中の、頭と首の境目にある延髄から、迷走神経という神経が出ています。これは、12本ある脳神経のうちの一つです。あちこちに枝分かれして、文字どおり迷走するように複雑な経路で、首から胸部、腹腔まで伸びています。

そして実に、体内のすべての副交感神経線維の75%が、この迷走神経に含まれています。つまり、迷走神経は、副交感神経の親玉のようなものと考えてもらえばよいでしょう。

実は、この迷走神経の分枝が、外耳道の内側、つまり耳の穴の中に、伸びているのです。人体のうち、こうして体表近くに迷走神経が存在する部位は、そう多くありません。

耳かきをすれば、迷走神経(副交感神経)が、直接的に刺激されます。副交感神経が優位になり、リラックスできれば、体調の向上や免疫力アップにもつながってくるでしょう。

暗めの部屋で耳かきをすれば、ぐっすり眠れる

夜に入浴したあと、耳の中が湿っているうちに、綿棒を使って耳掃除をするとリラックスできます。

かたい材質の耳かきは避け、耳の奥まで入れないよう、優しく行いましょう。やりすぎは厳禁。耳の中を傷つけたり、痛みを感じたりするようでは、交感神経が優位になってしまい、逆効果になります。

一日の終わりに、できれば暗めに落とした照明の下で耳かきをすれば、ぐっすり眠れます。夜にしっかりと休息することで、自律神経のバランスも整えられるでしょう。

ここで一つ、興味深いエピソードがあります。イギリスのチャールズ皇太子が、カミラ夫人から離れられなかったのは、カミラ夫人の耳掃除が上手だったため、という逸話です。

美しいダイアナ妃よりも、カミラ夫人といるほうがリラックスできたのでしょうか。

皆さんも、リラックス法の一つとして、耳かきを上手に活用してください。

→上手にストレスを解消する方法としてお勧めなのが「耳かき」

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加