手首をこすってツボを刺激すると便秘が解消される!

単なる便秘が命にかかわることもある

「朝、トイレで倒れた」といって病院に来院した30代の男性がいました。検査の結果、その人は、瞬発的に血圧が急上昇するタイプだと判明。トイレでいきんだことで血圧が上がり、めまいを起こしたのでしょう。

このように、高齢者だけでなく、若い人でもトイレで倒れることがあります。ふろ場で脳卒中を起こしやすいことはよく知られていますが、実はトイレでの事故も多いのです。

朝、排便のためにトイレに入ったものの、スムーズに便が出ずにいきむと、血圧が上昇します。冒頭の男性のように、一時的なめまいで治まればいいのですが、脳の血管に異常が起こったら命にかかわります。トイレで脳卒中を起こすこともあるのです。

つまり、便が固まり、いきまないと出ない状態は、単なる便秘では済まされないのです。

スムーズな排便を促すツボ刺激

循環器の医師である、小谷クリニック院長の小谷嘉一先生が、「スムーズに排便する方法」を紹介する理由は、そこにあります。小谷先生は、西洋医学のみならず、東洋医学にも範囲を広げ、治療方針を立てています。できるだけ薬を使わず、患者さんの負担をへらすためです。

そのなかの一つが、ツボ療法です。治療ではハリを使いますが、患者さんが自己療法として日常的に実践できるように、手でツボを刺激する方法を考え、勧めています。

今回ご紹介するのは、トイレ中の脳卒中を防ぎ、スムーズな排便を促すツボ刺激です。簡単で効果が高いので、ぜひ毎日の習慣にしてください。

洋式トイレを使用する人は、便座に腰かけてから行うといいでしょう。和式トイレの人は、トイレに入る前に、楽な姿勢で行ってください。

まず、手のひらを見てください。手のひらと手首の間に、横ジワがあります。この横ジワの下、小指寄りの辺りに、スムーズな排便を促す特効ツボが密集しています。

このエリアに、反対側の手の人差し指、中指、薬指を手首に当てて、こすってください。「気持ちいい」と感じる程度の強さなら、縦にこすっても横にこすってもかまいません。

→手のひらをこすり合わせてツボを刺激するだけでもスムーズな排便につながる

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加