玄米食にすることで、さまざまな症状に対する効果が報告された

歯周病の骨の回復に玄米食が驚くほど効いた

香川県高松市にある松見歯科診療所では、2007年より保険診療をやめ、口腔内の治療以外に、食事改善の指導などを行っています。

きっかけは、25年以上前、歯科医師の故・片山恒夫先生の講演で、「歯周病の改善に玄米が役立つ」という話を院長の松見哲雄先生が聞いたことです。松見先生自身が玄米食にするとともに、患者さんにも勧めてみたところ、歯周病の骨の回復に驚くほどの効果が得られました。

それどころか、玄米食を勧めるうちに、患者さんから「カゼをひかなくなった」「血糖値が下がった」「花粉症が治った」など、さまざまな症状に対する効果が報告されるようになったのです。

砂糖などの甘い食べ物が、うつやアレルギー疾患を引き起こす

生態学では、私たちの体を二つのパーツに分類しています。一つは、口から肛門までの内臓系で、シンボルは心です。もう一つは、背骨、肋骨、頭、手足の体壁系で、シンボルは脳です。

そして、口は内臓系の入り口でもあり、体壁系の頭の一部でもある、両者のジョイント部分です。つまり、口が壊れると全身に影響が出るのです。

はやりの糖質制限ダイエットに代表されるように、今は多くの栄養士さんが、砂糖、パン、めん類、果物、米など、すべての糖質をひとくくりにして考えています。しかし、一口に糖質といっても、その性質はさまざまです。

糖質の中には口を壊す(虫歯や歯周病を招く)食べ物、壊さない食べ物があるのです。

砂糖などの甘い食べ物が、口を壊すものであることは明らかです。口が壊れると心や脳も崩壊するため、うつやアレルギー疾患をも引き起こします。

また、砂糖や果物、精製された穀物は吸収が速く、血糖値を急上昇させます。すると、膵臓からインスリンが出て、急いで血糖値を下げます。血糖値が下がると、再び甘いものが欲しくなります。この悪循環が、食べすぎから肥満、糖尿病へとつながっていくのです。

→食物繊維たっぷりの玄米で免疫力が高まり健康体に

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加