足裏をブラシでみがくと脳が活性化してボケを防ぐ

足裏の神経は多くの情報を脳に伝達してくれる

私たちの脳は、二足歩行になったことで、目覚ましい進化を遂げてきました。直立した二足歩行では、手の指が自由に使えます。また、四足歩行に比べて、不安定な体を上手に制御する必要が生じました。それらの要因が、空間認知と身体制御を司る小脳を発達させたのです。

加えて、足裏がさまざまな刺激を受けるようになります。その豊富な足裏からの情報が、脳を活性化させたのです。

私たちの足裏の神経は、地面の傾きや段差、すべり具合、靴や靴下、ストッキングをはいた時の感覚など、歩行時に多くの情報を脳に伝達してくれます。

それを脳が瞬時に処理し、どのように体を動かすべきかの指令を、全身の各部位に向けて出します。それにより、私たちは不安定な道でも、転ばずに歩くことができるのです。

余分な角質が取れ足裏の感覚が鋭くなる

ロボットは、人間のようには細やかな動きはできません。これは、足裏の感覚と脳とが、人間ほど密接につながっていないからです。

私たち人間も、年齢を重ねるにつれ、歩き方がぎこちなくなったり、ちょっとした段差でつまずきやすくなったりします。これは一般的には、加齢による筋力低下が原因だと考えられていますが、それに加え、足裏の感覚が鈍くなっていることも大きな一因でしょう。

「歩けなくなるとボケる」とはよくいわれますが、それはまさに、歩行時の足裏からの情報がなくなることによって、脳が衰えてしまうからなのです。

そのため、頭脳明断なままに長生きするには、足裏の感覚を鋭敏にすることが重要です。その方法としてお勧めなのが、足裏をブラシでみがくことです。

足裏をブラシでみがくと、その刺激が脳に伝わり、脳が活性化してボケを防ぎます。加えて、余分な角質も取れるので、足裏の感覚もより鋭くなるのです。

→「足裏みがき」で冷え性が改善!安眠効果も!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加