糖尿病対策には入浴も大事!温泉旅行もお勧め

基礎代謝が上がり血糖値が下がる

日本人の入浴好きは、世界的にも有名です。最近では、シャワーだけで済ませる人もふえてきましたが、浴槽につかって体を温めることは、健康面からも大変有意義であることがわかっています。

東京都葛飾区の加藤内科クリニックでは、糖尿病の治療や合併症の予防・進行阻止に力を入れています。糖尿病対策というと、食事と運動がクローズアップされますが、実は入浴を利用することも非常に大事です。

日本温泉気候物理医学会の研究データによると、41度のお湯につかると、入浴直後から脈拍数がふえ、10分間つかると深部体温が1度程度上昇します。すると、基礎代謝(安静時に消費するエネルギー)が上がり、一般的には10分間当たり30~40kcalのエネルギーを消費するといわれます。

インスリンの働きがよくなる

そのため、糖尿病の患者さんが入浴すると、血糖値の下がる人が多く出見られます。エネルギー消費だけでなく、血流が改善することで、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きがよくなることも、理由の一つでしょう。

ですから、院長の加藤光俊先生は、中・軽度の糖尿病の患者さんには、温泉旅行を勧めています。旅行先でたくさん歩き、開放感にひたり、温泉にゆっくりつかることで、ストレスもへり、血糖値の降下が期待できるのです。ただし、夕食にごちそうを食べすぎると、元の木阿弥です。

また、入浴法にも注意が必要です。

恐ろしい話ですが、家庭や温泉での入浴中と入浴直後の死亡を合わせると、年間約1万人に上ります。また、65歳以上の突然死の1/4近くが入浴中ともいわれます。正しく安全な入浴法が、健康長寿の大きな鍵といえるでしょう。

→糖尿病の改善には半身浴でゆっくりつかりましょう

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加