自律神経のバランスを整える「爪もみ」で体の機能が正常に働く

自律神経のバランスが整う

愛知県名古屋市にある、ほんべ眼科では、現代医学に限らず、東洋医学的な治療法を積極的に取り入れ、目の不調の回復に役立てています。

今回ご紹介する爪もみも、東洋医学の考えに則ったもので、爪の生え際にある井穴(せいけつ)というツボを押しもみすることにより、老眼などに対して、高い改善効果を発揮します。

井穴は、気(東洋医学でいうエネルギーのこと)が出入りする重要な場所とされ、ここを刺激することにより、気の流れがよくなり、自律神経のバランスが整うのです。

自律神経のバランスが目の健康を支えてる

自律神経とは、臓器や血管、筋肉といった体の諸器官の働きを自動的に調整している神経のことで、交感神経と副交感神経という2種類によって成り立っています。

交感神経は、体が緊張した状態のときに働く神経で、体を活動モードへと導きます。よって、主に昼間に働きが高まります。一方の副交感神経は、体がリラックスした状態のときに働き、体を休息モードへと導きます。こちらは、主に夜間に働きが高まります。

1日の中で、両者がバランスよく保たれることによって、体の諸機能は正常に働いているのです。もちろん目に対しても、大きな影響を与えています。

積極的に副交感神経を高める

しかし、現代の私たちの生活は、昼夜問わずストレスだらけです。常に緊張状態にさらされているため、交感神経が優位な状態が長時間続き、体はいつまでも休息モードになりません。

交感神経が優位な状態が続くと、目のピント調節機能を支えている毛様体筋の機能が低下してしまいます。それにより、目のピントがどんどん合わなくなり、老眼の症状が進むのです。

そのため、ふだんから積極的に副交感神経を高めるようにして、自律神経のバランスを整える必要があります。それに役立つのが、爪もみなのです。

ちなみに、自分が交感神経側に傾いているかどうかは、眼球の中央にある瞳孔と、その周囲の虹彩の大きさを観察するとよくわかります。

瞳孔は、眼球に入る光の量を調整している場所で、一般的に「瞳」と呼ばれるところです。虹彩は、瞳孔の周りにある色のついた部分のこと。交感神経が優位になると、瞳孔は大きくなり、虹彩は収縮して、瞳が大きくなるのです。

→「爪もみ」は、老眼や近視のほか、緑内障や飛蚊症といった症状にも効果的

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加