目の健康に役立つツボ「光明」が特に注目されてている

ほんとうに目に効くものだろうか

「目に光明をもたらす」という、その働きからつけられたと考えられる、「光明(こうめい)」という足のツボがあります。目の健康に役立つツボはいくつかありますが、目の特効ツボとして、特に注目されているツボです。

光明は、足の外くるぶしのやや上に位置し、目からは遠く離れています。遠く離れた位置のツボがほんとうに目に効くものだろうかと、疑問に思う人もいらっしやるでしょう。

そこで、明治国際医療大学鍼灸学部では、いくつかの実験で調べてみました。

第1の実験では、光明のツボを置鍼(おきばり)で刺激して、それによって眼底血流量がどう変化するかを計測しました。実験の結果、光明への刺激によって、眼底血流量が有意(明らか)に増加することがわかりました。

どの特効ツボよりも効果が高かった!

次に、足にあるいくつかのほかのツボと比較。足にあるほかのツボでも、光明と同様の効果が出るかもしれないので、確かめることにしました。

その結果、足のほかのツボは、ほとんど目に影響を与えていませんでした。光明だけが、飛び抜けて眼底血流量をふやすとわかったのです。

さらに明治国際医療大学では、3番めの実験を行いました。

目に対して非常によい影響を及ぼすツボ

目の特効ツボとされる、手の合谷(ごうこく)や腕の曲池(きょくち)などとの眼底血流量の比較です。合谷は、手の親指と人差し指の骨の交わるところで、曲池はひじにあって、腕を曲げたときに親指側に現れるシワの先端です。

結果は、合谷なども、刺激すると確かに眼底血流量が増加します。しかし、どの目の特効ツボも、光明ほど眼底血流量がふえるツボはなかったのです。

こうした実験結果から、光明は昔からいわれてきたとおり、目に対して非常によい影響を及ぼすツボであることが確かめられたのです。

→目の特効ツボ「光明」を刺激すると眼底血流量が増加し視機能が高まる!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加