指にアルミホイルを巻くだけで目が若返り、近視、眼精疲労やかすみ目、白内障が改善する!

微弱な電流が起こり目の諸症状を改善

「最近、遠くの看板が見えにくくなった」「いつも目がチカチカする」「目が疲れやすい」といった目の症状に、お困りのかたはいませんか。近視や眼精疲労は、慌ただしい毎日を送る私たちにとって、まさに現代病といえます。パソコンやスマホの見すぎや、遠くの物をあまり眺めなくなった現代的な生活スタイルが、目の機能低下を早めているのです。

しかし、いくらこれらが原因だとわかっていても、仕事などの関係で、パソコンやスマホを手放したり、遠くまで見渡せるような田舎に引っ越したりするのは、なかなか難しいでしょう。そんな悩める現代人にお勧めしたいのが、今回ご紹介する「指にアルミホイルを巻く」健康法です。

これは、東洋医学の鍼治療の考え方を応用したものです。鍼治療は、金属製の専用の鍼を体に刺すことによって、直接刺激を与えるとともに、体内に微弱な電流を生じさせ、高い効果を発揮します。

金属は、水分にふれることで、電子を放出して陽イオン(プラスイオン)となる性質があります。肌は水分を帯びているので、鍼は皮膚にふれることによって、プラスイオン化します。すると、皮膚の表面にはマイナスの電気が、そして体内にはプラスの電気が発生します。

これによって、体内で微弱な電流が流れて刺激となり、さまざまな症状に対してよい影響を与えてくれるのです。

アルミホイルを指に巻くと、これと同様のことが体内で起こります。アルミホイルがプラスイオン化することで、微弱な電流が体内を巡り、近視や眼精疲労といった目の諸症状の予防・改善に役立つのです。

白内障、ドライアイかすみ目にも効く!

アルミホイルを巻く指は、両手の人差し指と、中指のつけ根です。ここは、ちょうど目の反射区とされている場所です。反射区とは、各臓器や器官が、手のひらなどの特定の場所に反映されているという東洋医学的な考え方です。対応する場所を刺激することによって、その臓器や器官に好影響が与えられるのです。

よって、近視や眼精疲労、白内障、ドライアイ、かすみ目などの症状にお困りのかたは、人差し指と中指のつけ根を刺激するといいでしょう。直接もんでもかまいませんが、アルミホイルを巻いておけば、常に刺激が加えられます。

アルミホイルは、7cm角ぐらいのサイズにはさみで切り、7~8mm幅に細長く折り畳んでから、ねじって指に巻いてください。つけすぎて害になることはないので、仕事や食事中、また、就寝時につけたままでもかまいません。

最後に、一つだけ注意点があります。金属アレルギーのかたで、もしもアルミホイルを巻いてから、何かしらの異常を感じられた場合は、すぐにやめるようにしましょう。

鍼治療は、専門家の手を必要としますが、この方法なら、だれでも簡単に自宅で実践できます。ぜひ、日々の生活に取り入れて、いつまでも若々しい目を保ちましょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加