足の指の塩もみで冷えが改善しダイエットにも成功!

最も代表的なのはダイエット効果

体がいつも温かくて、冷えに悩まされていない人は、足の指と甲の間に、温度差はほとんどありません。ところが、冷えを感じている人は、足の指が甲よりも、10度以上低い場合があるのです。

この温度差を、脳は危機的な状況と感知します。そして、さらに自律神経が乱れるという悪循環に陥ってしまいます。塩もみは、この温度差を解消して、自律神経の働きを取り戻すのが目的です。

塩もみを行うと、時間の経過とともに足先の温度が上昇していきます。そして、長い場合には、2時間以上も、温かさが持続します。

冷えが改善することで得られる健康効果は、さまざまなものがありますが、最も代表的なのは、ダイエット効果でしょう。

肌もきれいになって若返り効果も期待できる

そんなに食べていないのに太っていたり、やせてもすぐにリバウンドしてしまったりする人は、たいてい体が冷えて、自律神経が乱れています。

体は、冷えると水をため込む性質があるため、むくんできます。当然、その分体重もふえます。さらに、内臓の温度である深部体温が下がると、基礎代謝が落ち、やせにくい体になってしまうのです。

加えて、自律神経が乱れることにより、精神面も不安定になりがちです。しだいに、ダイエット生活に我慢することができなくなって、リバウンドに陥りやすくなります。

冷えを解消すれば、むくみが取れて、基礎代謝量もアップします。さらに、老廃物の排出が促されるため、肌もきれいになって、若返り効果も期待できるでしょう。

冷えにお悩みのかたは、ぜひ今日から塩もみを始めて、その効果を実感してください。

→おなかと足の指を重点的に温めて自律神経のバランスを取り戻す

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加