足がつったら、つっている足の親指を手でつかんだまま、徐々にひざを伸ばしていく

強めの力でしっかりと押す

築賓(ちくひん)と飛揚(ひよう)を効率よく指圧するには、親指と、残りの4本の指で、ふくらはぎを両側から、つかむようにして押すとよいでしょう。

まずはふくらはぎの下、アキレス腱の辺りをつかむところから、始めてください。指圧しながら、つかむ部分を徐々に上へとずらしていくうち、ふくらはぎの内側に、押すと痛みのあるポイントが見つかります。そこが築賓です。

続いてもう少し上がって、ふくらはぎの外側に、痛みを感じるポイントがあれば、そこが飛揚と考えてかまいません。

ツボが見つかったら、強めの力で、しっかりと押します。強さの目安としては、指がやや押し戻される程度です。5秒間押したら、力を抜きます。これを1カ所につき5回、くり返します。

ゴリゴリと押したり、もんだりすると、筋肉を傷めるので、やりすぎは禁物です。

足のむくみにも効くツボを追加

上に示した方法で、築賓と飛揚を押したら、もう一つ、ぜひ加えてほしいツボがあります。

それが、承山(しょうざん)です。

ひざ真のシワと内くるぶしの、まん中辺りの高さで、左右中央の位置にあります。ふくらはぎの筋肉の盛り上がりと、アキレス腱の、ちょうど境目に当たるところです。

足のむくみや筋肉疲労の改善に効果があり、こむら返りに効くツボとしても、知られています。

ここも、5秒×5回、しっかりと押してください。親指を使うとカが入って、やりやすいでしょう。

築賓と飛揚、承山のツボ指圧は、それぞれ5秒×5回を、1日に一度、行ってください。こむら返りの予防には、それでじゅうぶんです。

ところで、実際にこむら返りが起こってしまったら、どうすればいいのでしょうか。

足がつったら無理にでもふくらはぎの筋肉を伸ばす

足がつっているとき、ふくらはぎの筋肉はギュッと縮んでいます。たいてい、足首の前から足の甲にかけての部分が、ピーンと突っ張っているのです。これをほぐすには、無理にでもふくらはぎの筋肉を伸ばし、足首を曲げてやる必要があります。

簡単なのは、床に座った状態で、壁に足の裏全体をつけて、ゆっくりとひざを上から押し、ひざ裏を伸ばす方法です。

あるいは、つっている足の親指を手でつかんだまま、徐々にひざを伸ばしていくのも、いいでしょう。

ただ、こむら返りをくり返す場合、治療が必要なケースもあります。心配なかたは、一度医師に相談してみてください。

→こむら返りの予防になるツボ築賓(ちくひん)と飛揚(ひよう)

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加