すっかり太ってしまった私が「足首回し」で6か月で15kg減!

アメリカ留学ですっかり太ってしまった

「スタイルがよくなりたい」「やせたい」…これは、多くの女性にとって永遠のテーマです。カラダ職人代表の久優子(ひさしゆうこ)さんは、太っていたころ、「ジーンズを格好よく着こなしたい」と、いつも願っていました。

今は162cmの身長に対し体重は48kg。しかし、以前は今より20kgも重い68kgでした。高校時代のアメリカ短期留学ですっかり太ってしまったのです。当時のジーンズは男性用の32インチ。歩くと股ずれを起こしていました。

さまざまなダイエットを試みても効果はなく、むしろ帰国前よりも太る始末。ただ、足をもみほぐすと、足が若干軽くなるのがわかりました。

久さんはこのとき、自分の足首がとても硬いことに気付きました。可動域が狭く、足首を回すと引っ掛かるような違和感があったのです。

足タレにスカウトきれた!

「ここを柔らかくすれば、もっと足が軽く、細くなるかもしれない」そう直感した久さんは、毎日の足のマッサージに「足首回し」を加えてみました。

すると、足首はしだいに柔らかくなり、同時に足が細くなっていったのです。

足首回しを始めて1カ月目には、肉に埋もれていたくるぶしが現れ、2カ月目にはふくらはぎが細くなり、5カ月目には足はもちろんウエストまで締まりました。

6カ月目の体重は、15kg減の53kg。うれしくてミニスカートで街を歩いていたら、なんと「足タレ」にスカウトされたのです。ついこの間まで、股ずれを起こしていたのがうそのような変化でした。

久さんはその後、縁あってリンパドレナージュ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液であるリンパを活性化し排出するマッサージの方法)を学び、当時の劇的な変化の理由がわかりました。

→「足首回し」はダイエットのほかに、冷えやむくみにも効果がある

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加