「足首回し」はダイエットのほかに、冷えやむくみにも効果がある

足首回しをすると、ゆがみは正しい位置に

もともとリンパ管は毛細血管のように細いため、リンパの流れは運動不足などによってすぐに滞ります。

特に足首は、重力の影響を強く受ける箇所です。また、現代人はアスファルトやフローリングなどの硬い場所を歩くため、足首の関節は圧迫されています。そのため、リンパも血液の流れも滞りがちなのです。

足首でリンパや血液の流れが滞ると、足は冷えてむくみやすくなります。冷えた足には脂肪がつきます。実際に、片足に重心を掛けるクセのある人の足を見ると、重心を掛ける側の足にセルライトが多く見られます。これは、足首が体重で圧迫されて、リンパや血液の流れが滞った証拠でしょう。

足首が硬い人は、ひざや股関節、骨盤、背骨、首の骨もゆがんでいます。ゆがみの周辺の筋肉は硬く、脂肪がうまく燃焼されません。

しかし、足首回しをして柔らかくすると、それらのゆがみは正しい位置に戻ります。

ダイエットがうまくいかない人、足のラインを整えたい人は、ぜひ足首を回してみてください。

最初に足のラインが締まってくる

足首回しで足首が柔らかくなると、ひざ関節、股関節がゆるみ、リンパや血液の流れがよくなります。その結果、脂肪の燃焼が進み、筋肉のつき方が変わって足のラインが整うのです。

足首回しをすると、足首→ふくらはぎ→太もも→ウエストといった順で引き締まっていきます。平均的に1カ月ほどでふくらはぎと太もも周り、ウエストが1cm以上細くなります。また、最初に足のラインが締まり、体重は後から落ちるようです。

足首を回すときには、足の指の間にしっかりと手の指を入れてください。これで、足の指先にたまった老廃物がかき出されます。

婦人科系の不調やⅩ脚、O脚の改善にも効果が

また、くるぶしの横を手の親指で軽く押さえ、上体の重さで自然な圧力を加えるのもポイントです。くるぶしも、老廃物がたまりがちな箇所です。加えて、この周辺にはリンパに閲する反射区(全身の臓器や器官に対応する部位)もあります。

足首を回し終えた後は、足先が温まり、血色がよくなるはずです。なかには足の甲の血管がくっきりと浮かぶ人もいます。

足首回しは、湯船で行うと血流がよくなるため、より高い効果が期待できるでしょう。浮力があるため、足を上げやすいという利点もあります。

足首回しはダイエットのほかにも、生理痛などの婦人科系の不調や足のむくみ、冷え、Ⅹ脚、O脚の改善にも効果があります。

足首回しの習慣で、引き締まった健康な足を、ぜひ手に入れてください。

→すっかり太ってしまった私が「足首回し」で6か月で15kg減!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加