骨盤底の障害で起きる骨盤臓器脱

悩んでいるよりは適切な治療を受けることが必要

骨盤臓器脱とは、腹圧性尿失禁と同様に骨盤底に関連する病気で、出産経験のある閉経後の女性に多くみられます。骨盤臓器が膣の中や外に出てしまうもので、椅子に座ると陰部に押し込まれるような違和感がある、おりものが増える、出血する、残尿感や残便感があるなどの症状が出ます。

膀胱が膣内あるいは外に押し出されたものを「膀胱瘤」、直腸が膣に押し出されたものは「直腸瘤」と呼びます。子宮が膣の中(外)に下がってきたものは「子宮脱」といい、これらを「骨盤臓器脱」と総称しています。

出産で生じた骨盤底の障害が主な原因で、そのほか、加齢、肥満、激しい運動や重労働、閉経などがリスクに挙げられます。

治療方法として、軽症ならば生活習慣の見直しや体操などを行い、根本的な治療を望む場合は外科的手術の適応となります。命に関わる病気ではありませんが、QOLを大きく損います。悩んでいるよりは、受診して適切な治療を受けることが必要です。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加