全国に多数設置されている「ドライアイ外来」

「目の乾き」とは限らないさまざまな自覚症状

涙の量が減ったり、涙の性質が変化したりして、目の表面(角膜や結膜)が傷つくドライアイ。日本の推計患者数は800万人といわれているが、コンピューター作業の増加やコンタクトレンズ装用者の増加に伴い、近年増加傾向にあります。こうした状況を受け、ドライアイ外来も全国各地で設置されるようになりました。

ドライアイの自覚症状の代表は「目の乾き」ですが、初めは「目が疲れる」「目が充血する」「まぶしい」などの不定愁訴として現れます。「目の乾き」を最初から訴える人はむしろ少ないのです。

病態が進むと目の表面が痛くなったり、目を開けていられなくなったりしますが、中にはその痛みで逆に涙がたくさん出てしまう人もいます。自覚症状は多岐にわたり、重症度、原因も人によって異なるため個々の患者に応じた治療が必要です。

タイプを明らかにして検査を行う

治療は検査で、ドライアイのタイプを明らかにした上で行います。一口にドライアイといっても涙の中の水分が足りないタイプ、油の成分が足りないタイプ(マイボーム腺機能不全)、長時間にわたってパソコンモニターを凝視するといった職場環境が影響するタイプなどさまざまだからです。

自己免疫疾患の一つであるシェーングレン症候群によって涙腺が破壊され、涙の量が減っているケースもあります。

外来では、まず問診を行い、その後必要な検査を受けます。一般的には①涙の量、②涙の安定性(目の表面に涙の膜がきちんと張れるか)、③目の表面を調べ、ドライアイかどうか、どのタイプかを診断します。

タイプや重症度にもよりますが、基本治療は点眼療法。人工涙液やヒアルロン酸入りの点眼薬で不足した水分を補ったり、目の表面に長時間水分を保たせます。

保険適用で施術時間も短い涙点プラグ挿入

点眼療法で症状が改善しない場合は、涙の排水口あたる涙点に涙点プラグというシリコン製の詮を入れ、涙を目の表面にとどめます。これにより目の表面の傷が治って、症状も劇的に改善されるようです。

ただし、症状が軽症の場合、涙点プラグを挿入すると涙があふれ、かえって生活に支障をきたすので、挿入するかどうかはきちんと医師の指示を仰ぎたいものです。

挿入は、痛みもなく、施術自体は数分で済みます。最近では挿入後に自然と溶けてなくなるコラーゲン性のプラグもあり、患者の症状に応じて選択されています。

涙点プラグ挿入は健康保険が適応される治療で、片目であれぱ4700円前後(プラグ挿入以外にかかる診察料、投薬は別途支払い)です。そのほかの治療として、涙の蒸発を防ぐドライアイ眼鏡の着用、涙点プラグが挿入できない場合の涙点閉鎖手術があります。

ドライアイ外来は全国に多数設置されているが、「ドライアイ研究会」や「HELP-・ドライアイネットーワーク」のホームページからも検索できるので参考にするといいでしょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加