糖尿病は軽症のうちから治療を始めるのが重要

命をおびやかす病気を引き起こさないため

「症状がないのに、なぜ治療するのですか」という患者さんの疑問に対して、医者は、少し前までは「10~15年後に起こる深刻な合併症を防ぐため」と説明してきました。細い血管の障害が徐々に進行し、視力低下をきたす糖尿病性網膜症や腎機能低下を示す糖尿病性腎症を指していました。

しかし、これらの障害が10年後、15年後に起こるといわれても、患者さんにしてみれば、今すぐ治療を始めようという気にはならなかったかもしれません。

最近では動脈の血管内すら調ベる検査法が発達したことにより、食後血糖値が少し高い状況でも動脈硬化が発症し進行し続けることがわかってきました。

動脈硬化が進めば、脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性が高くなります。糖尿病とともに起こってきやすい脂質異常、高血圧が相乗的に心筋梗塞、脳梗塞の発症を早めるのです。

ですから、命をおびやかすこれらの病気を引き起こさないためにも、「軽症の今のうちから治療を始める」ことはやはり重要なのです。

脳梗塞や心筋梗塞を未然に防ぐ

「糖尿病は、治らない病気」という言い方をされることがあります。しかし、血糖値を上手にコントロールすることができれば、それは「治った」と言っていい状態です。「昨年までは血糖値が正常だった」が「今年の健診では血糖値が高かった」という方は、血糖値が高くなった1年間の生活を振り返ってみてください。

体重が増加したり、暴飲暴食の食生活、運動不足が続いたりしていませんでしたか。

治療の基本は、食べ過ぎ、運動不足、肥満、ストレスといった生活上のリスクをできるだけ排除していくことにあります。つまり「食事」と「運動」を基本に生活を見直し、必要なら「薬」も使っで血糖値をコントロールしていくことです。

その結果、血糖値を安定させ続けることができたら、脳梗塞や心筋梗塞の危険性を排除し、未然に防ぐことができるのです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加