血糖値をコントロールする薬

一生飲み続けなくてよい

古くから使われている薬にスルホニル尿素薬(SU薬)があります。この薬はインスリンの分泌を高める作用が強く、作用時間が長い反面、次の食事が遅れたりすると、食前に低血糖を起こす可能性があります。

しかしかかりつけ医なら、毎回血糖値を見ながら緻密に投与量を調整していますので、指示通りに飲んでいただければ低血糖を心配する必要はありません。また、新薬のインクレチン標的薬など低血糖を起こしにくい薬もありますので、上手に処方してもらいましょう。

血糖値をコントロールする薬の特徴は、血圧やコレステロールの薬と違って、一生飲み続けなくてよいことです。かかりつけ医の力を借りながら、血糖値と上手に付き合っていくことのできる、自分に合った薬を見つけていただきたいと思います。

血糖値をコントロールする薬

・インクレチン標的薬

インクレチンとは小腸から分泌されるホルモンで、インスリンの分泌を促す働きがあります。このインクレチンの働きを助ける新しい薬です。「GLP-1受容体作動薬」(注射薬)と「DPP-4阻害薬」(飲み薬)の2種類があります。血糖値の上昇に合わせて働くため、低血糖を起こしにくい、体重が増えにくいなどの特徴があります。

・インスリンの分泌をよくする薬

インスリンの分泌機能が低下している方に向いています。

【スルホニル尿素薬(SU薬)】すい膿のβ細胞を刺激して、インスリンの分泌を促します。血糖値を下げる効果が強く、作用が長時間持続します。HbA1cが高い患者さんに処方されます。食事時間の乱れがある際には、低血糖に注意。

【速効性インスリン分泌促進薬】服用後直ちにインスリンの分泌を促します。作用は短時間です。食後血糖値が急激に上がる方に処方されます。

・インスリンの働きをよくする薬

インスリンは分泌されているけれど働きが低下した人、肥満気味の患者さんに処方されます。

【ピグアナイド薬】肝臓でブドウ糖が放出されるのを抑え、インスリンの働きを助けます。古くから使われている薬です。

【チアリゾン薬】脂肪細胞に働いてインスリンの作用を邪魔する生理活性物質を正常化します。同時に中性脂肪値も下がります。体重が増えやすいので体重管理が重要になります。

・食後の高血糖を改善する薬

【α-グルコシダーゼ阻害薬】炭水化物をブドウ糖に分解する酵素ローグルコシターゼの働きを妨げ、小腸でのブドウ糖の吸収を遅らせます。効果は短時間のため、多くの場合、ほかの薬と一緒に処方されます。

・インスリン製剤

不足するインスリンそのものを補う注射薬です。発見されて90年、いまだにミラクル薬として大活躍しています。普段は飲み薬で血糖コントロールが良好であっても、感染症、手術などの際にはインスリン注射療法に一時的に切り替えるなど、今やポピュラーな治療法です。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加