糖尿病になったら「シックデイに」備える

日常と違う状況になる

病気になって、日常と違う状況になったときのことを「シックデイ」と言います。例えばかぜをひいたとき、胃腸炎を起こして下痢をしたときなどです。

すぐに医療機関へかかれないこともあるので、そんなときにも慌てないように、どのように対処したらよいか、日ごろから備えておく必要があります。シックデイで注意したいのは、今日は食事をしていないからといって、薬を飲まない、インスリンを打たないという例です。食事をしても、すべて吐いてしまう場合も同じです。

食事がとれないのは、極めて危険な状況です。薬を通常どおりの量で使用すれば低血糖になり、薬を使用なければ高血糖になります。こうした場合に、どのくらいの量を使用すればいいのか知らないという患者さんは少なくありません。

脱水症状にも注意

また薬によっても飲み方は違います。インスリンの働きをよくするビグアナイド薬やチアリゾン薬では、低血糖は起きないので、食事がとれなくても、いつも通り飲んで大丈夫です。

問題は、スルホニル尿素(SU)薬のような血糖値を急激に下げる薬です。その場合は、食事に応じた薬の量を日ごろから、備えておく必要があります。

また、食べることができても吐いてしまうと、脱水が起こりやすく危険です。脱水すると、血液の粘ちょう度が上がります。そのときに起こりやすいのが、高浸透圧性昏睡です。

高齢の患者さんが胃腸炎などで下痢をして、食事がとれない、発熱や発汗もあるなど、脱水になる条件がそろっている場合は、薬を飲まないと、血糖値も上がり昏睡状態になります。軽症の人でも起こるので要注意です。

高齢の患者さんが食事をとれない場合は、必ず主治医と連絡をとり相談しましよう。主治医がつかまらないときは、外来にいる看護師に症状を正確に伝え、代診の医師などに診察してもらってください。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加