口のトラブルは予防が大事

口臭の原因を知り予防と改善を

口臭の原因はさまざまですが、80%以上は口の中に原因あるといわれています。

例えば、

・歯垢や舌についた汚れ

・むし歯や歯周病

・だ液の分泌減少(ドライマウス)

などが口臭を引き起こします。口臭を改善するためには、これらの原因を取り除くことが必要です。

それでも治らない場合には、便秘や胃炎、気管支炎、鼻炎などの体の病気や不調が原因になっていることも考えられます。気になる場合は病院を受診しましょう。

ただ、中には病的な口臭がないのにもかかわらず、「口が臭う」と気にしすぎの人も多いようです。安心するためにも、一度病院で口臭検査を受けてみるとよいでしょう。

定期的に歯科検診を!

いつまでも健康でキレイな歯を保つためには、歯科医を上手に利用するのがいちばん。1年に1~2回は歯科医院
を受診して、むし歯や歯周病のチェックや、歯磨きでは取り切れない歯垢や歯石の除去を行いましょう。

また、歯磨きの指導を受けたり、歯並びや口臭、歯の色などについても相談するとよいでしょう。かかりつけの歯科医を見つけて、歯のメンテナンスを習慣にしてください

食べ物やたばこが原因!予防が大事

歯の黄ばみやくすみの原因は、食べ物や飲み物、たばこのヤ二などの色素。それが、歯の表面の膜に蓄積されて、歯が変色してしまうのです。この歯の色素汚れをステインといいます。

一度ついてしまった色素汚れを取るのは難しいので、予防が大切です。それでも気になるようなら、歯科医院で汚れを落としてもらいましょう。

大人も放っておかないで!かみ合わせの悪さ

歯並びが悪いことの問題は、見た目の悪さだけではありません。歯並びがガタガタしていると磨き残しが多くなり、むし歯や歯周病になりやすくなります。また、かみ合わせが悪くなり、歯やあごに負担をかけます。

さらに、かみ合わせの悪さは体にも悪影響を与えます。首の骨にねじれが生じて、肩こりや頭痛、不眠症などの症状が起こるのです。

歯並びやかみ合わせの悪さは放っておかず、さまざまな不調が現れる前に歯の矯正治療をするのがベスト。矯正治療というと子どもがするものというイメージがあるかもしれませんが、大人になってからでも遅いことはありません。歯並びやかみ合わせを改善すれば、歯の寿命を延ばすことにもつながります。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加