熱中症は軽い症状から意識・運動障害へ急変することも

症状が重くなると命の危険が

熱中症になると、めまいや失神、嘔吐、頻脈、けいれんなど多彩な症状が重なり合って起こります。また、軽い症状が急変して、意識障害や運動障害などの重い症状に移行してしまうこともあります。

熱中症は医学的には「熱失神」、「熱痙攣」、「熱疲労」、「熱射病」の4つの病態に分けられ、症状の程度によってⅠ度(軽症)、Ⅱ度(中等症)、Ⅲ度(重症)の三つに分類されます。熱失神、熱痙攣はⅠ度、熱疲労はⅡ度、熱射病はⅢ度に位置づけられています。

・熱失神・Ⅰ度(軽症)

顔面蒼白やめまい、失神(数秒間)、頻脈(心臓の拍動が増加すること)、呼吸数の増加などが起こります。

体内の熱を放出するために末梢の皮膚血管が拡張した結果、血圧が低下し、脳への血流が維持できなくなることで生じるもので、暑い時期に冷房の効いた部屋から屋外に出た時や、運動を急に止めた直後に起こりやすいとされています。

・熱痙攣・Ⅰ度(軽症)

多量の発汗や嘔気、喉の渇きなどの症状があり、腹部や上肢、下肢などの痛みを伴った痙撃が特徴です。特に発汗によって失われた塩分を補給しなかった時に生じやすくなります。

汗には、水分とともにナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどの電解質が含まれています。発汗するとこれらの成分が排泄され、多量の汗をかくと塩分(ナトリウムなど)の濃い汗となります。

この状態で水を飲むと血液の塩分濃度が下がりますが、生体機能を維持するために体が水を受け付けなくなるのです(これを自発的脱水といいます)。

同時に血液の塩分濃度を保つため、余分な水は尿として排泄されます。その結果、筋肉の収縮に必要な塩分が不足して痙撃が生じます。

・熱疲労・Ⅱ度(中等症)

頭痛や失神、めまい、疲労感・虚脱感、吐き気などの症状がみられ、高体温(38~40℃)が出現します。手当てをしないでいると、より重症である熱射病になってしまう危険性があります。

熱疲労は多量の発汗により、脱水や塩分が過剰に失われることが原因です。体の水分量が減少することで血液循環が悪化、さらに循環血液量の減少により血圧が低下することで、さまぎまな症状が引き起こされるのです。

・熱射病Ⅲ度(重症)

熱疲労が進行した状態です。熱疲労の症状に加え、意識障害(意味不明の発言や行動)や運動障害(手足が動かない)、過呼吸(浅い呼吸を過度に繰り返す)などが出現します。体温調節機能の破たんで体温が40℃以上になっても汗は出ず、皮膚が熱くなっていきます。全身の臓器に障害が起こって命に関わることもあり、非常に危険な状態です。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加