熱中症の応急処置の基礎知識

熱疲労は様子を見て・熱射病が疑われるならすぐに救急車を

熱中症かな?と思われる症状やサインが見られる場合、周囲の人がまず呼びかけて、意識があるかどうかを確認してください。意識のあるなしによって、次の応急処置を行います。

●熱中症のサイン

・めまい、失神、吐き気がある

・顔面蒼白になっている

・手足や腹部に痛みを伴う痙攣がある

・大量の発汗がある

・呼吸の回数が多くなっている

・体温が上がっている

・体がぐったりしている

・意識がない、はっきりしない

・意味不明な言動をする

・呼吸困難

意識がある場合

涼しい場所へ移動させ、衣服をゆるめ仰向けに寝かせます。枕はせず下肢を高くすると脳に行く血流が多くなります。水分補給をし、手足の先から体の中心に向けてマッサージをするのも有効です。

熱痙攣の症状であるこむら返りがある場合は、真水ではなく生理食塩水(0・9%)やスポーツドリンクなどで塩分も補給してください。

痙攣が起きると運動時に起こる痙攣と同じに考え、脚の筋を伸ばす人がいますが、暑い日の痙攣はまず熱痙撃を疑うことがポイントです。水分や塩分を補給しても状態が変わらない場合は、医療機関を受診しましょう。

著しい発汗や高体温が見られる場合は、体を冷やしで体温を下げます。方法として、首やわきの下、足のつけねなど太い血管のある部分に、氷のうやアイスパックをあてて冷やすと効果的です。うちわであおいだり、霧状の水を体表面に散布したりするのもよいでしょう。

意識がない場合

熱中症の中でも最重症の熱射病が疑われるため、すぐに救急車を呼びます。到着するまでは意識がある場合と同様に、涼しい場所へ移動し、脱衣と冷却を行います。意識がない状態で水分補給を行うと誤って気道に流れ込むことがありますので、口から水分を入れることはしません。

また、人工呼吸、心臓マッサージが必要な場合もあるため、普段から応急処置の方法を学んでおくと役立ちます。

救急車が到着したら、他の病気の場合と同様に周囲の人が発症時の状態や状況、最近の体の調子などを、わかる範囲で伝えます。医療機関が熱中症の処置を迅速に行うために、重要な情報となります。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加