軟水と硬水はどう違う

飲みやすさでは軟水

水を分類するときに使われる「軟水」や「硬水」という言葉をご存じでしょうか。

ラベルにも表示されているように、すべての水は「硬度」の数値によって、軟水または硬水のいずれかに分けることができます。ここでいう数値とは、水に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を炭酸カルシウムに換算したもののこと。

要はミネラル分が多く含まれでいるのが「硬水」、それほど含まれていないものが「軟水」というわけです。

硬度は水源の環境によって異なり、同じ日本国内の天然水であっても、採水された場所が違えば硬度も変わってきます。例えばカルシウムやマグネシウムが多い地層では数値は高くなります。

また、水が地中に浸透している時間にも比例します。

一般にヨーロッパの水は硬水なのに対し、日本の水は水道水も含め、軟水が圧倒的に多数派。これは、国土が狭く、水が地中を通る時間が短いことや河川の長さが短いことなどが影響していると考えられます。このため、日本人は硬水よりも、日ごろから飲みなれた軟水を好む傾向にあります。

実際に軟水と硬水とを飲み比べてみると、飲みやすさでは軟水に軍配が上がります。しかしスポーツ時のミネラル補給などには硬水のほうが適しています。

それぞれの特徴を知り、必要に応じて飲み分けるとよいでしょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加