緊急時の水の備え

水の備蓄は1人1日2リットルが目安

ひとたび大規模な地震や停電などが起これば、水道が一時的に使えなくなることは十分に想定されます。こうした非常事態に備え、日ごろから各家庭で最低限の水だけは確保しておくことが大切です。

1日に必要な水の量は、1人あたり約2リットル(1歳未満の乳児は約1リットル)といわれています。万が一、ライフラインがすべて停止した場合でも、数日経てば給水車が巡回してくるので、備蓄は3日分あれば十分でしょう。給水に備え、コンパクトに折りたためる水タンクなども用意しておくといいでしょう。

ここで注意したいのが、ミネラルウオーター類の賞味期限です。基本的に腐るということばありませんが、直射日光の当たらない場所で常温保存した場合、その期限は約2年といわれています。

ただし、これはあくまでも未開封の場合。水道水と違って塩素消毒されていない分、いったん開けてしまうと雑菌が繁殖しやすいので、開封したら可能な限りは冷蔵庫で保存し、2~3日で飲みきるようにしましょう。ボトルに日付けを書小て管理しておくと安心です。

風呂の残り湯はため置きする習慣を

緊急時に必要な水は飲用だけではありません。手や顔を洗ったり、トイレを流したりといった生活用水も当然必要になります。

特にトイレを流すにはある程度の量が必要になるので、ペットボトルの水でまかなうわけにもいきません。そんなときに役立つのが、風呂の残り湯です。

平均約200リットルもある風呂水は、緊急の際には貴重な給水源になります。お風呂の栓はすぐに抜いてお湯を捨ててしまうのではなく、翌日入浴するまでためておくことを習慣にしましょう。

また、風呂水でトイレを流すときは、便器に直接ではなく、まずは貯水タンクの水をいっぱいにすることが先決。タンクに水がたまった状態でないと、便器に流した水ではよく流れないので注意しましょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加