頭痛の専門医「頭痛外来」

慢性頭痛は日本人の4人に1人

誰もが一度は経験する頭痛。我慢すれば治まる人、強い痛みに寝込んでしまう人など、程度はさまざまだが、繰り返す痛みに悩まされる人は多い。そうした頭痛の原因を明らかにし、適切な治療を行うのが頭痛外来だ。

頭痛は、頭痛そのものが問題となる「一次性頭痛(慢性頭痛)」と、背景になんらかの病変があって副次的に起こる「二次性頭痛」とに分けられる。二次性頭痛は、その原因に頭蓋内出血や脳腫瘍など命にかかわる病気もあるため、一刻も早い受診が必要だ。

しかし、頭痛の多くを占めるのは一次性頭痛。北里大学の疫学調査によれば、わが国の一次性頭痛の患者数は3000万人で、4人に1人が該当するといわれている。

頭痛外来ではまず、頭痛の性状・現れ方などを聴取して一次性か二次性かを見極める。二次性の疑いがあれば、CTやMRIといった画像検査、脳波検査、血液検査などで病変の有無を確認し、確認できればその治療を行う。病変を確認できなければ一次性としてさらに鑑別診断を行う。

「頭痛ダイアリー」の活用

一次性頭痛は「片頭痛」「群発頭痛」「緊張型頭痛」の3つに分かれ、痛み方にそれぞれ特徴を示す。

片頭痛は一般に、左右いずれかのこめかみ付近に生じ、ズキンズキンと脈打つような痛みが特徴だ。痛みが始まると数時間から3日程度続き、それが月1回から多いときで週1回の頻度で繰り返される。痛みが続くときに、体を動かすと痛みが増し、音や光、においに過敏になるのも特徴で、吐き気やめまい、耳鳴りを伴うこともある。

群発性頭痛では、片方の目の奥に針で刺されたような激痛が走る。ほぼ決まった時間帯に1~2時間ほど痛みが続き、1~2カ月間連日のように起こる。

緊張型頭痛は、後頭部から首筋にかけて重苦しい、あるいは締め付けられるような痛みが続くが、片頭痛や群発頭痛ほど痛みが強くない。

それぞれに特徴のある一次性頭痛だが、正しい診断を行うのは専門医でないと難しいといわれる。正確な診断には患者側が症状をきちんと伝えることも大切だ。

自分の症状を伝えるのに役立つツールとして「頭痛ダイアリー」がある。これには痛みの程度、使用している薬の種類や量などを簡単に記載でき、診療を進める上で役立つ情報を整理できる。日本頭痛学会のホームページからダウンロードできるので、受診の際は記入の上、持参したい。

痛みの特効薬トリブタン製剤

一次性頭痛の治療、とりわけ片頭痛の治療は、2000年にトリブタン製剤が発売されたことで大きな進歩をとげた。この薬は片頭痛の特効薬といわれ、剤形は錠剤に加え、注射薬、点鼻薬、水なしで使える口腔崩壊錠とさまざま。患者の痛みのパターンやライフスタイルに合わせて使い分けられる。また、発作の頻度を減らす予防薬もあり、これにはカルシウム拮抗薬や三環系抗うつ薬などが使われる。

群発頭痛にもトリブタン製剤は有効で、片頭痛への使用と同様、患者に合わせて使い分けられる。予防薬も有効だ。緊張型頭痛には肩や首のこりをとる運動療法が主な治療となる。

頭痛外来、また頭痛専門医は「頭痛オンライン」や「日本頭痛学会」のウェブサイトから検索できるので参考にされたい。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加