甲状腺ホルモンをつくる働きのトラブル

機能の異常と腫れやしこりの生じる異常がある

甲状腺の病気にはさまざまなものがありますが、大きく分ければ「働き」の変化と「形」の変化という2つにまとめられます。さらに病気によって、1つだけ現れることもあれば、2つ以上の症状が重なって現れる場合もあります。

甲状腺ホルモンをつくる「働き」のトラブルには、甲状腺ホルモンの機能が完進する病気と、甲状腺ホルモンの機能が低する病気があります。

亢進すると「甲状腺機能亢進症」と呼ばれる全身の新陳代謝が高まった状態になります。代表的な疾患は、よく知られている「バセドウ病」です。

反対に低下した場合は「甲状腺機能低下症」と呼ばれ、全身の新陳代謝が低下してきます。代表的な疾患は「橋本病」です。

もう一つの「形」の変化には、バセドウ病や橋本病で甲状腺が腫れて大きくなる場合と、部分的にしこりができる場合です。後者のしこりは「腫瘍」と診断されます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加