加齢で低下する免疫力の向上が健康への近道

免疫力を高めることは健康を保つ力

免疫力の最前線のピークは20歳くらいで、加齢とともに下がっていきます。高齢者がさまざまな病気を抱えがちなのも、免疫力の低下がその一因となっているからです。

まずは、自分の免疫力がどの程度なのかを知るために「免疫力年齢」をチェックしてみましょう。免疫力年齢にプラスに働く項目は、バランスのよい食事、適度な運動、十分な睡眠など生活習慣に関係するものが多く、逆に免疫力年齢にマイナスに働く項目では、行動や性格に関するものが多いことがわかます。

免疫力年齢が実年齢より若ければ、健康に長生きできる可能性が大きいと考えられます。逆に、実年齢より高い人はさまざまな病気にかかるリスクを潜在的に抱えながら生活しているといっても過言ではありません。

免疫力を高めることは健康を保つ力と言えます。日常生活の中で免疫力を高める方法をこれから紹介していきます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加