腸内バランスを整え病気を予防する「プロバイオティクス」

減ってしまった腸内の善玉菌を外から補う

乳酸菌が活躍する腸は最大の免疫器官と言われ、腸内には免疫細胞だけでなく多種多様な細菌(常在菌)がいます。体に有益な乳酸菌などの善玉菌やウエルシュ菌などの悪玉菌、さらに状況によってどちらにもなる日和見菌が、常時100兆個ほど存在しています。

この腸内環境はよくオーケストラに例えられます。善玉菌と悪玉菌のバランスが取れていればすばらしい音を聞かせてくれますが、加齢や食生活、ストレスなどの影響を受け、善玉菌が減って悪玉菌が増え出すと、途端に雑音が入り混じります。

この腸内環境をどのようにして整えるかという点で注目されているのが、「プロバイオティクス」です。プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを整えて、体によい影響を与える微生物、またはそれを含む食品や製品を指します。つまり、減ってしまった腸内の善玉菌を外から補うという考え方で、その代表選手が乳酸菌です。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加