「めまい外来」

末梢性めまいと中枢性めまい

「めまい」というと、皆さんはどのような状態を思い浮かべるでしょうか。一般には「目がぐるぐる回る」といった回転性のめまいを思い浮かべがちですが、「体が揺れる感覚」「雲の上を歩いているような感覚」といった浮動性のめまいもあります。

立ちくらみのような性状も時に「めまい」といわれます。このように「めまい」という言葉で表現される症状は実は非常に多彩で、その背後にある原因疾患も複数あるのです。

こうしたさまざまなめまいに専門医が診断をつけ、治療を行うのが「めまい外来」です。

めまいの性状はさまざまですが、めまいのタイプを大別すれば、耳の障害から起こるめまい(末梢性めまい)、脳の障害から起こるめまい(中枢性めまい)、それから貧血や不整脈といった全身的な原因によるめまいに分かれます。

基本的には回転性のめまいは末梢性めまい、浮動性のめまいは中枢性のめまいまたは全身的なめまい、という具合に、めまいの症状からある程度の判別はつくようです。しかし、例外もあります。回転性のめまいでも、脳幹や小脳の腫瘍に原因があり、命にかかわる病気が隠れていることもあるため、安易な自己診断は禁物です。

詳細な問診と神経学的検査で鑑別

めまい外来での診断は、めまいの性状だけでなく、めまい以外の症状(随伴症状)が認められるか、めまいの持続時間、発作の間隔、どのような動作でめまいが起こるかなどを問診します。

ちなみに末梢性のめまいに見られる随伴症状には難聴、耳鳴り、耳閉感などがあり、中枢性のめまいの随伴症状にはしびれ、麻痩、ろれつが回らないなどの神経症状が見られるそうです。

問診とともに神経学的検査も行われます。これには体のふらつき(不安定感)を調べる検査、顔面や手足の知覚検査、反射検査、聴力検査、それから眼振検査が行われます。眼振とは、眼球の異常運動のことで、めまいの原因によって眼球の動きも異なるため鑑別に欠かせない検査といえます。

ほかにも、問診と神経学的検査で必要と判断されれば、CTやMRIといった画像検査なども行うようです。

原因疾患によっては治療が長引くことも

ー般的にめまいは末梢性のものが多く、一番多いとされるのは頭位性のめまいといわれています。このめまいは、頭がある一定の位置にきたときに起こるめまいで、治療には制吐薬や鎮痛薬の服用、理学療法を行い、予後も良好だといわれています。

しかし、めまいの原因によっては、頭位性のめまいのように治療がスムーズにいかないケースもあります。

例えばメニエール病を原因とするようなめまいは、命にはかかわらないものの、長期にわたって治療が必要なり、時に耳への手術も必要となることもあるのです。

中枢性めまいに至っては、命にかかわる病気が原因であることもあるため、患者にとってはまずは外来できちんとした鑑別が得られることが重要でしょう。軽いめまいでも、中枢性めまいに見られる随伴症状があれば、すぐにでも受診したいものです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加