効果的な耳の温め方

耳の機能が格段にアップする

耳を暖めるとさまざまな健康効果があらわれます。効果的な耳の温め方をご紹介しましょう。

まず、小さめの音量で音楽を流します。そして、ヤケドしない程度の熱い蒸しタオルを作り、片方の耳を包み込むようにして1分ほど当てます。すると、タオルを当てたほうの耳だけが、音の聴こえがよくなります。

次に、もう一方の耳も同様に蒸しタオルで温めます。このようにして、両耳を均等に温めるのです。

これを行ったあとに、片方の耳に指を入れてふさぎ、ふさいでないほうの耳で音楽を聴きます。その逆も行ってみると、左右どちらかの耳が聴こえやすく、もう一方の耳のほうが聴こえにくいと感じると思います。聴こえやすいほうが利き耳なので、聴こえにくいほうの耳をさらに温めて、聴こえ方を均一にするのです。

耳の聴こえは、均一にしないと、体のバラシスが整いません。このように両耳を温めることで、疲れた耳のケアをすることができます。

実際、蒸しタオルで耳を温めることで、耳の機能が格段にアップします。スピーカーの音量を小さくしていても、昔の細部までクリアに聴こえるようになります。

それはまさに、耳が集音マイクになったかのようです。ビックリするほど、鮮明に音を拾えるようになるのです。たとえるなら、白黒テレビがカラーテレビになったような、あるいは二次元の映像が三次元になったかのような飛躍的な違いです。

また、耳を温めていると、全身の血行もよくなるようで、手足までポカポカと温まってきます。そのため、冷え症の改善にも、とても効果的なのではないかと思います。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加