股関節の痛みが一瞬で消える足の甲刺激のやり方

より効果的な方法は刺激を持続させる

・姿勢

床に座る、いすに座る、いすに座って足をもう一方のひざに乗せる、など、やりやすい姿勢で行う。ひざや腰、股関節が痛んだり、体が硬かったりする場合は、入浴用のいすを使うと、無理なく足の甲に手が届く。

・刺激の方法

使うのは、ボールペンや、先が丸いはし、など。ペン先などを皮膚に対して垂直に当て、痛みを感じる程度の強い力で10~20秒ギュッと押すだけ。1日に何度行ってもOK。慣れないうちはポイントを特定するのが難しいので、指先で少し広い範囲(ゾーン)を刺激してもかまわない。

・ポイントの探し方

痛みのある部位と相関関係にある足の甲のポイントを探す。ポイント周辺を指先で押すと、ほかとは違った特異な痛みを感じる場所があるはず。そこが刺激するポイント。かかとは床につけたまま、足の裏を床から浮かせ、足を緊張させないで指で探ると、ポイントを特定しやすい。

・刺激を持続させるとより効果的

体に「痛くない」という「正」の学習をさせるために、刺激を持続させるとより効果的。具体的には、アルミホイルを1cm角に切り、それを指先で丸め、足の甲のポイントに置き、その上から絆創膏をはる。はりっばなしでOK。絆創膏が汚れたり、はがれたりしたら取り替える。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加