コンブ水は美容と健康にうってつけの飲み物

体の水分バランスを整える

中医学(中国の伝統医学)的に、「コンブ水」は、美と健康を保つ食養生として、お勧めできます。

千代田漢方内科クリニック院長の信川敏子先生も、コンブ水を毎日作って飲んでおり、今では欠かせない習慣となっています。そもそも信川先生がコンブ水に着目するようになったのは、コンブの成分が配合された化粧品を使うようになってからです。それを使用してからは、肌の調子がよくなり、コンブが持つ高い美容効果を実感するようになりました。

コンブ水の特性の一つとして挙げられるのが、「利水」作用です。利水とは、腎臓に働きかけることによって、体の水分バランスを整える働きのことを指します。

水分の流れが滞っているところには循環を促し、反対に、水分が足りないところには潤いを与えます。その効果によって、体からはむくみがなくなり、肌にハリやツヤが現れるのです。

コンブ水にはほかにも、「軟堅散結」と呼ばれる機能があります。これは、タンや血行不良によって発生する腫れ物や硬血(柔らかい組織が病的にかたくなった状態)、結石などを消滅させる働きのことをいいます。そのため、脂肪肝や、肝臓などの腫れ物の改善も期待できるでしょう。

そのほかにも、コンブ水を飲むことによって、高いアンチエンジング効果も望めます。コンブに含まれるフコイダンという成分には、抗酸化作用があり、紫外線などによる細胞の老化現象を防いでくれるのです。年齢とともに増加していく肌のシミやシワ、くすみ、そして白髪や薄毛を予防するうえでも、コンブ水はとても効果的だといえます。

以上のように、まさにコンブ水は美容と健康にうってつけの飲み物です。コンブ水に用いるコンブはどんなものでもかまいませんが、特にお勧めなのが、ガゴメコンブです。ガゴメコンブには、他の品種に比べて、先に挙げたフコイダンが多く含まれているからです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加