膀胱が勝手に収縮して強い尿意や頻尿がおこる「過活動膀胱」

尿意切迫感、頻尿、切迫性尿失禁をあわせもつ状態

通常、膀胱に一定量の尿がたまって尿意を感じても、脳が「我慢せよ」と指令を出し、ある程度尿がたまるまで、しばらくは排尿を我慢することができます。そして、トイレに行って排尿の準備がととのい、脳からの「排尿せよ」という指令が出ると、尿道の筋肉がゆるみ、膀胱の筋肉が収縮して尿が出ます。

ところが、膀胱に尿が少ししかたまっていないのに、急に我慢できないほどの強い尿意を感じたり(尿意切迫感)、ひんばんにトイレに行ったり(頻尿)、我慢できずに尿もれをおこしたり(切迫性尿失禁)することがあります。

このような症状があると、「過活動膀胱」の可能性があります。

過活動膀胱がおこる原因は、排尿をコントロールする神経がうまく働かなくなる「神経が原因と考えられるもの」と「神経以外が原因と考えられるもの」の大きく2つに分けられます。前者は、脳血管障害、パーキンソン病などの脳の障害や、脊髄の障害によっておきます。後者は、加齢による排尿機能の低下、骨盤底筋という筋肉の衰え、男性なら前立腺肥大症などによっておきますが、原因がはっきりしない場合も少なくありません。

セルフケアの体操を試みて改善しなければ泌尿器科へ

泌尿器の病気について詳しい日本大学医学部泌尿器科学系主任教授の高橋悟先生は、「頻尿や尿もれでお悩みの方には、自分の状態を客観的に知るために、『排尿日誌』に記録し、排尿の回数や量を把握することをすすめています。過活動膀胱の場合、1日の総尿量は正常ですが、排尿回数が多く、1回当たりの排尿量が少ないことが特徴です」と話します。

軽度の過活動膀胱の場合、とくに女性は骨盤底筋を鍛える体操や膀胱訓練をつづければ改善が期待できると高橋先生はいいます。

こうしたセルフケアをしばらくつづけても過活動膀胱の症状が改善せず、日常生活に支障を来すような場合には、泌尿器科への受診がすすめられます。泌尿器科では、膀胱の収縮を抑える作用のある抗コリン薬や、膀胱をゆるめる作用のあるβ3作動薬などが処方されます。

「頻尿や尿もれは、過活動膀胱以外の病気が原因でおこることもあります。たとえば、膀胱炎や前立腺肥大症といった泌尿器科系の病気のほか、糖尿病などです。また、睡眠時無呼吸症候群によって、夜間頻尿になることもあります。とくに排尿時に痛みがあったり、血尿を伴う場合は別の病気があるサインと考え、まずは泌尿器科を受診しましょう。その際に排尿日誌を持参すると診断に役立ちます」(高橋先生)

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加