脂質異常症と動脈硬化の進行

HDLコレステロール値は高いほうがいい

脂質異常(高脂血症)とはLDL(悪玉)コレステロール値が高い、中性脂肪値が高い、HDL(善玉)コレステロール値が低い、いずれかの状態を言います。高脂血症というと、コレステロール値が高いと悪いというイメージになってしまいますが、HDLコレステロール値は高いほうがいいのです。

誤解を招かないように、2007年4月のガイドライン改定により高脂血症は脂質異常症という名称に変更になりました。

内臓脂肪と関連が深い脂質は、中性脂肪とHDLコレステロールです。内臓脂肪が増え、インスリンの作用が弱まると、中性脂肪が増加します。HDLコレステロールは中性脂肪が分解される過程でできますので、中性脂肪とはシーソーのように逆相関します。

一般的に、中性脂肪が増えると、HDLコレステロールは減り、中性脂肪が減ると、HDLコレステロールは増えます。内臓脂肪が増えるメタボの場合には、中性脂肪値が高くなり、HDLコレステロール 値は低くなるということになります。

中性脂肪値が高いと動脈硬化が進行することは、日本人を対象とした調査で明らかになっています。血管壁の中に中性脂肪が溜まるわけではないのに、動脈硬化が進むのは、LDLコレステロールの血管壁への取り込みを促進するためです。中性脂肪が多いと、LDLの粒子が小さくなり、酸化して超悪玉といわれる酸化LDLになりやすいのです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加